NEWS

フランス法執行機関向けGlock17ピストルとUMPサブマシンガンの購入契約

海外軍事 Comments(0)

Photo from Glock
この6月、7月、フランスの国家警察と国家憲兵隊の採用火器について2つの契約が締結された。

一つ目は国家警察における訓練用ピストルの契約で、グロック17が392丁(税別18万0320ユーロ)納品されることとなった。将来的に実任務に就く警察官にもグロック17が配備される予定である。
この契約で納品されるグロック17は第5世代となる。グロック社は2017年8月にグロック17と19の第5世代を発表した。スライド前面がスマートに削られ、スライドリリースがアンビ仕様になるなどのマイナーチェンジがなされている。ただし、多くの部品が以前の世代とは互換性を持たない。

Photo from H&K
二つ目の契約は国家警察と国家憲兵隊におけるサブマシンガンの契約で、製品名は告知されていないがHKのUMPと思われる。契約価格は32万5460ユーロである。
もともとUMPはアメリカの警察のため、MP5の後継として開発され、1999年に発売された。MP5よりも安く軽い。
すでに国家憲兵隊では2008年からUMPの採用・配備は始まっている。国家警察においてはベレッタ12SDの後継として選定されている。
今回の契約においては、UMPそのものの納品だけでなく、予備マガジンやスリング、照準器などのアクセサリー、さらにはUMPのハンドリングやメンテナンスの講習も含まれている。

Source: New pistols and submachine guns for French law enforcement

Text: ムッシュ・コナギ - FM201807

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop