NEWS

米陸軍特殊部隊の年次国際スナイパー競技会で「グリーンベレー」第1特殊部隊グループのチームが優勝

海外軍事 Comments(0)
米陸軍特殊部隊による年次国際スナイパー競技会(ASOC ISC: Army Special Operations Command International Sniper Competition)が3月18日~22日に、ノースカロライナ州フォートブラッグでおこなわれた。第1特殊部隊グループ(空挺)から出場したスナイパーチームが、競合ひしめく全40チームの中でトップに輝いている。

Photo Credit: U.S. Army photo by Sgt. 1st Class Jacob Braman
優勝したのは、デービッド曹長とクオン一等軍曹のチーム。
写真はデービッド曹長と無線を使って通信しているクオン一等軍曹。マスターピース・アームズ(MasterPiece Arms)製スナイパーライフルシャーシを使っている。
デービッド曹長は「寝不足で初日は思うようなスタートが切れなかったが、休息をとってからようやくいい方向に動き始めた」と語っている。なお、両名とも任務に支障を来す理由からフルネームの公開はおこなわれていない。


Photo Credit: U.S. Army photo by Sgt. 1st Class Jacob Braman
「陸軍ジョン・F・ケネディ特殊作戦センター学校(John F. Kennedy Special Warfare Center and School)」と「第1特殊作戦訓練グループ(空挺)(1st Special Warfare Training Group (Airborne))」をホストとしたこの競技会。4泊5日の中で22種のイベントがおこなわれ、ドイツ、アイルランド、オランダ、フランス、イタリア、シンガポールの特殊部隊の他、国内からは海軍特殊作戦司令部、海兵隊スカウトスナイパー兵学校、陸軍スナイパー学校、第75レンジャー連隊からそれぞれ腕自慢のスナイパーチームが参加している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop