NEWS

H&K社が軍・法執行機関向け低速40mm×46グレネードランチャー『HK369』を開発中

海外軍事 Comments(0)
H&K社が軍・法執行機関向け低速40mm×46グレネードランチャー『HK369』を開発中
H&K社が、モジュール性と人間工学性を追求した、軍法執行機関用途の低速40mm×46グレネードランチャー『HK369』を開発中。
ドイツの防衛技術誌「ES&T(Europäische Sicherheit & Technik)」に示された画像によると、リボルバー型にみえるドラムマガジンと、NATOアクセサリー・レール(STANAG 4694)、伸縮式のストック、安全装置付きトリガーを備えている。

2022年発売予定。

Source: Heckler & Koch arbeitet an einem Mehrfach-Granatwerfer HK369 im Kaliber 40 mm x 46 Low Velocity (LV, 75 m/s) für polizeiliche und militärische Anwendungen.

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える (2020-04-07 19:43)
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop