NEWS

起死回生、財務状況に苦しむドイツH&K社が英軍『SA80A3』×4.4万挺の改修作業を大量受注。総額110億円規模

海外軍事 Comments(0)
起死回生、財務状況に苦しむドイツH&K社が英軍『SA80A3』×4.4万挺の改修作業を大量受注。総額110億円規模
Photo from UK Armed Forces
ドイツ銃器メーカー「ヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler and Koch)」社が、英国制式小銃の改修作業を大量受注したことが分かった。

関連記事:
HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長

「欧州連合の入札電子日報(TED: Tenders Electronic Daily)」は、「SA80A3アップデート計画(SA80 A3 Equipped to Fight Programme)」の下、H&K社が陳腐化した英軍制式小銃「SA80A2」×44,000挺を近代化アップデートし、最新仕様の『SA80A3』にする作業として約7,500万ポンド(=約110億円)を受注したことを公示した。1挺当たり約1,800ポンド(=約26万円)の計算となり、作業自体は英国内にあるH&K社の子会社でおこなわれる予定となっている。
SA80は1980年代に開発されたブルパップ式小銃。グリップとトリガーより後方に弾倉や機関部が位置することで、銃身長を保ちつつも銃全体を短縮化している。
一方、「軍制式小銃」として位置付けられるも、当初よりSA80は、様々な動作不良・欠陥に悩まされ、兵士の間では『使えない「公僕(civil servant)」』と嘲笑の対象となり、不評を買っていた。

今回の一報を掲載したドイツ主要紙の「ヴェルト」は、「SA80の近代化改修においては、英国とH&K社の関係、そして既に改修実績を持っていることなどから、選択の余地が無かった」と記している。

H&Kの社史を振り返ると、1949年、エドモンド・ヘッケラー(Edmund Heckler)とテオドー・コッホ(Theodor Koch)、アレックス・ザイデル(Alex Seidel)によって産声を上げ、当初「家電製品」や「自転車用の交換部品」の製造を手掛けていた。
当時「武器製造が禁止」されていた敗戦国ドイツだったが、H&K社はその中でも数少ない許可企業として活動。その後、武器製造禁止が解かれ、再軍備が認められて以降、1955年の連邦軍(Bundeswehr)創設時には、晴れて純然たる武器製造事業者へと転換している。
その後1959年から60年代に掛けて、G3、MP5、HK33といったベストセラーを世に送り込み、70年代には「ハンティング・スポーツ部門」「警察・防衛部門」の2事業部門に枝分かれし、続く80年代にビジネスは更なる多様化を歩んでいる。

そして1991年には『ブリティッシュ・エアロスペース(British Aerospace)』傘下の『ロイヤル・オードナンス(Royal Ordnance)』に買収され、その際の組織再編の取り組みが、H&K社の中核事業の復帰を導いたという。
その後2002年になって、アンドレアス・ヘーシェン(Andreas Heeschen)氏とキース・ハルシー(Keith Halsey)氏がブリティッシュ・エアロスペースからH&K社を買い戻している。

直近では、お膝元であるドイツ連邦軍(Bundeswehr)での「G36」リプレイスに伴う次期小銃選定において、H&K社が「最有力候補」とみられるも、先月「装備情報技術運用庁(BAAINBw)」が『全ての候補落選を決定』と公表するに至っている。

関連記事:
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定

HK416が快進撃する一方で、多方面でトラブルを抱えている同社については、財務状況の逼迫が伝えられており、収益性の良いビジネスを展開することが喫緊の課題となっていた。それだけに、今回の受注獲得は、同社にとって極めて重要な収益源になるとみられている。

関連記事:
大手格付け機関『ムーディーズ』がドイツ銃器メーカー『H&K』を『Caa1』に格下げ。重大なリスクを指摘

SA80A3は、少なくとも2025年まで制式ライフルとしての運用が続き、SA80A2は段階的に廃止となる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop