NEWS

Handl Defense社 HK417にSR-25・M110の弾倉を使えるようにするアダプタを開発

海外軍事 Comments(0)

Photo from Handl Defense
現在、アメリカ陸軍は7.62mmNATO弾を使用する小銃としてEBR、SCAR Mk. 17、SR-25・M110、そしてM110A1 CSASSなど多様なモデルを保有している。これらを運用について、弾倉がそれぞれ専用となっており互換性がないのが問題となっている。
Handl Defense社が開発したアダプタは、HK417でSR-25・M110の弾倉を使用できるようにするもの。簡単に取り外せるためHK417の弾倉を使用することもできる。
Handl Defense社はSCAR Mk. 17用にSR-25・M110系の弾倉を使用できるロアレシーバーをラインアップしている。

マグウェルが左側に45度開いておりプローンした際にリロードしやすくなる工夫がされたレシーバー。

Photo from Handl Defense

対症療法的ではあるもののこれらとHK417用アダプタを併用することで、陸軍におけるマガジンの互換性を保つことができる。販売次期や価格などは明らかにされていない。

Source: Handl Defense - SR25 Magazine Conversion Kit For The HK417 - Soldier Systems Daily

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop