NEWS

Handl Defense社 HK417にSR-25・M110の弾倉を使えるようにするアダプタを開発

海外軍事 Comments(0)
Handl Defense社 HK417にSR-25・M110の弾倉を使えるようにするアダプタを開発
Photo from Handl Defense
現在、アメリカ陸軍は7.62mmNATO弾を使用する小銃としてEBR、SCAR Mk. 17、SR-25・M110、そしてM110A1 CSASSなど多様なモデルを保有している。これらを運用について、弾倉がそれぞれ専用となっており互換性がないのが問題となっている。
Handl Defense社が開発したアダプタは、HK417でSR-25・M110の弾倉を使用できるようにするもの。簡単に取り外せるためHK417の弾倉を使用することもできる。
Handl Defense社はSCAR Mk. 17用にSR-25・M110系の弾倉を使用できるロアレシーバーをラインアップしている。

マグウェルが左側に45度開いておりプローンした際にリロードしやすくなる工夫がされたレシーバー。
Handl Defense社 HK417にSR-25・M110の弾倉を使えるようにするアダプタを開発
Photo from Handl Defense

対症療法的ではあるもののこれらとHK417用アダプタを併用することで、陸軍におけるマガジンの互換性を保つことができる。販売次期や価格などは明らかにされていない。

Source: Handl Defense - SR25 Magazine Conversion Kit For The HK417 - Soldier Systems Daily

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop