NEWS

『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける

海外軍事 Comments(0)
悪党が潜む建屋へ急襲部隊が突入を試みる際、施錠されたドアの突破が必要不可欠となる。オランダ、北ブラバント州ラームスドンクヴェールに本社を構えるホルマトロ(Holmatro)社が開発した新製品、『ドアブラスターHDB 90ST(Door Blaster HDB 90 ST)』を使えば、旧来の爆破ブリーチング並みに素早く、そして静かに突入が可能だ。
『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける
Photo from Holmatro
ブリ―チャーはまず、ドアの横幅に合わせて本体を仕掛ける。本体重量は10.8キログラムと軽量で、専用パックにより隊員1名での運搬が可能。パック外周にはパルス・ウェビングを配しているため、各種ポーチ類の取り付けもおこなえる。

全長は76~123センチメートルまで伸縮がおこなえ、多くのドア幅に対応できる。また、パックに内蔵されたポンプは小型ながらもパワフルな設計となり、横方向に突っ張る力として5.2トン、ドアを押し出す力として3.9トンを生み出している。

加えて遠隔操作にも対応していることと、爆薬不使用であることからも飛散物を生み出さない。そのため、二次被害の危険性が無く、敵に気付かれるリスクを抑えて静かに突入できる。ドアオープンが成功すれば、ブリ―チャーの遠隔操作によって本体を落下させることができ、アサルターの円滑なエントリーにも貢献している。

ホルマトロ社によると、「ドアが開くまでの時間は僅か2秒足らずだ」と自信をみせている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop