香港警察が俳優のマイケル・ウォンをナビゲーターに起用した特殊部隊「SDU」のPVを公開

海外軍事 映画・テレビ Comments(0)
香港警察の特殊部隊:SDU(Special Duties Unit:特別任務連)の PV が、香港警察公式フェイスブックで公開された。SDU は、中華人民共和国香港特別行政区(通称:香港)の香港警務処(Hong Kong Police Force) 行動部 PTU(Police Tactical Unit:警察機動部隊)に属する‟対テロ / 人質救助 / 重大犯罪”を専門とした特殊部隊で、別名:飛虎隊(The Flying Tigers)と呼ばれている。PV には、屋内、野外、航空機、海上といった様々な状況下での訓練の様子が収められている。
英国統治下時代の 1974 年に創設された SDU は、英陸軍 特殊空挺部隊(SAS:Special Air Service)と英海兵隊 特殊舟艇部隊(SBS:Special Boat Service)から 1980 年前後に訓練が施され、装備・戦術・戦技・選抜方法などのベースが作られた。特別行政区となった 1997 年以降も、欧米やアジア各国の特殊部隊と訓練交流を続けている。1974 年から 2014 年までの参加ミッションは 160 件を超え、潜水調査は 330 件以上と言われている。2014 年 6 月に発生した九龍湾高層マンション立て籠もり事件では、ラペリング降下を行う SDU 隊員の様子がテレビで生中継され話題となった。

参考動画:「飛虎豪情 40長青」

SDU は、アクショングループ(アサルトチーム / ボートチーム)、サポートグループ(医療支援チーム / 輸送チーム)、管理グループ(通信や情報担当)で構成されている。アサルトチームは、攻撃チーム(訓練チームを含む計 3 チーム)と狙撃チームに分けられている。主な使用武器は、グロック17、H&K MP5、SIG516、H&K G36VK、KAC SR-16、Remington 870、KAC SR-25など。香港政府には軍隊が存在しないため、警察組織でありながら軍事的任務も受け持っている。

SDU の選抜試験は警察官のみを対象としており、11 日間行われる超過酷な‟ヘル・ウィーク”を突破できる確率は 25% と言われている。選抜試験後に、約 9 か月間の専門的な訓練(射撃・戦術・登山・化学・生物学・医学など)が行われる。創設からの 40 年間で隊員として勤務したのは、383 名である。尚、女性にも門戸は開かれいるが、現在までに女性隊員はひとりも存在しない。

PV でナビゲーターを務めているのは、実写映画「シティーハンター」や「BEAST COPS 野獣刑警」などに出演したマイケル・ウォン(Michael Wong:王敏徳)。マイケルは、SDU の活躍を描いたアクション映画「ファイナル・オプション 香港最終指令(原題:飛虎雄心)」や「ファースト・オプション 飛虎(原題:飛虎)」で隊長役を務め、香港のテレビ局:TVB(無綫電視)が現在製作中の TV ドラマ「フライング・タイガース(原題:飛虎極戰)」にも出演し、SDU と縁深い俳優である。

Text: 弓削島一樹 - FM201710

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop