NEWS

カナダの戦闘迷彩服開発企業「ハイパーステルス」社が『量子ステルス(Quantum Stealth)』の特許出願

海外軍事 Comments(0)
カナダの戦闘迷彩服開発企業「ハイパーステルス」社が『量子ステルス(Quantum Stealth)』の特許出願
カナダの戦闘迷彩服開発企業「ハイパーステルス・バイオテクノロジー社(Hyperstealth Biotechnology Corporation)」が、空想科学小説さながらの光学迷彩、『量子ステルス(Quantum Stealth)』なる光屈折素材(Light Bending Material)を開発し、4種類からなる特許出願を発表した。

Hyperstealth Invisibility Cloak 9 Minute Promotional Video / VIMEO
カナダの戦闘迷彩服開発企業「ハイパーステルス」社が『量子ステルス(Quantum Stealth)』の特許出願
Screenshot from HyperStealth Corp. official Vimeo
特許出願の1番目は光屈折素材。この素材は「電源不要」であり、紙状で「薄く」、しかも「安価」に製造できるとしている。
発明者であり同社CEOのガイ・クラマー(Guy Cramer)氏によると、その原理は秘匿したい対象物の前面に光屈折素材を配置し、背景だけが見えるように光のスペクトルを屈折させることで対象物を見え難くするというもの。可視光スペクトルだけでなく、紫外線、赤外線、近赤外線を屈折でき、またサーマル・スペクトラムの遮断さえもおこなえるとのことで、「広帯域不可視マント(broadband invisibility cloak)」を実現させている。

2番目の特許出願は、「ソーラーパネル増幅器(Solar Panel Amplifier)」と呼ばれるもので、今回提出された4つの特許全ての主要な構成要素であるレンズ素材を使用している。これは同等の薄膜制御パネルの出力と比べて3倍以上、単結晶パネルの3倍の出力が実証されているという。

3番目の特許出願は、単に「ディスプレイシステム」とも呼ばれるものであり、プロジェクターを追加することで「ホログラフィック」のようなイメージ生成をおこなえる。同社は「スタートレックのホロデッキに一歩近づいている」としており、「特許庁は既にこの出願を審査に移している」としている。

4番目の特許出願は、レーザー光線を散乱させるというもので、1筋のレーザーを照射した場合、3,888,000本のレーザーに分散させるというもので、自動運転車輌のLIDAR(光検出と測距)における精密測定やステルス機の検出に役立つとしている。

今回の発表においてクラマー社長は、「9年間取り組んでいたことがやっと話せることになって嬉しい」「今後採用されるさまざまな用途に関心を持っている」「私はまず最初に、この技術について内密にし、同盟軍にのみアクセスを許可すると決めていた」「しかし特許の公開によって誰もがそれを再現する方法にアクセスできるが、それは必ずしもよいことではないと考えている」「この資料が悪意ある者、敵対国の手に渡ることは悪夢のシナリオに他ならない」と語っている。

ちなみにクラマー社長は2015年に、米陸軍が「18ヶ月以内にカメレオンのような透明ユニフォームを開発したい」との求めを発したことが報じられた際に、「メタマテリアル迷彩を昨年、米軍の科学者にデモンストレーション済」「新たなプロジェクトが進められるだろう」と語っている。

関連記事:
米陸軍、18 ヶ月内にカメレオンのような「透明ユニフォーム」開発トライアルを開始か

Source: Hyperstealth Corp. Discloses Patent Pending Invisibility Cloak, Futuristic 'invisibility cloak' unveiled - and experts say it could hide an entire building

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop