映像のプロ集団がドイツ連邦警察と共に製作した特殊部隊「GSG-9」の広報映像

海外軍事 映画・テレビ Comments(0)
ドイツのスマート・ブレンド・フィルムプロダクション(SMART-BLEND Filmproduktionen)社が今年1月末、連邦警察(BPOL: Bundespolizei )から請け負っていた特殊部隊「GSG-9」の広報映像を公開した。
ドイツ連邦警察GSG 9は、国内の人質救出やテロ行為を含めた深刻な暴力犯罪事案に対処する特殊部隊。その任務範囲には、外務機関の支援、国外での拉致・人質奪還の実施までも含まれている。

連邦警察は、国内はもとより広く欧州全土の治安にも貢献しており、全体で41,000名の人員を抱えている。連邦警察からの公式発表こそないものの、GSG-9の初代司令官を務めたウルリッヒ・ヴェーゲナー(Ulrich Wegener)氏曰く、2017年現在で400名ほどの精鋭隊員で構成されているとのこと。

映像は全体で4分強と、この種のPVとしては比較的長尺ながらも、映像製作のプロチームが手掛けただけあり、観る者を引き込むテンポ良い展開となっている。もちろん、GSG9の精鋭隊員が撮影に全面協力しているため見どころも満載だ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop