NEWS

イスラエル防衛関連企業『エルビット・システムズ』が国営小火器メーカー『IMIシステムズ』の買収を完了

海外軍事 Comments(0)

Photo from IMI Systems.
This photo is for illustrative purposes only.
イスラエルの大手防衛請負事業者である『エルビット・システムズ(Elbit Systems)社』が25日、国営『IMIシステムズ(IMI Systems)社』の買収を完了させたと発表した。

関連記事:
イスラエル、IMI の民営化を承認へ
イスラエル、IMI を完全民営化で売り出しに
2013年にイスラエル政府が議会を通じて、IMI社の買収を承認・発表しており、エルビット社を含む5社がそれに名乗りを上げていた。
買収に当たりエルビットは、政府に対して既に18億新シェケル(NIS)(=約546億円)の支払いを終えている。また、買収後の業績が一定水準(ベンチマーク)を超えた際に追加で1億新シェケル(=約30億円)の支払い条件が盛り込まれている。

「ウージー(UZI)」「ガリル(Galil)」「タボール(Tavor)」…と豊富なバトルプルーフを伴い開発された世界有数の小火器メーカーとして知られる「イスラエル・ミリタリー・インダストリーズ(IMI)」は2016年に、ブランド名称&ロゴを変更し「IMIシステムズ」として始動している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop