NEWS

輸血用血液の温度を保つ保護ケース「BCarrier」をイスラエルの工業デザイン学校の学生がデザイン

海外軍事 Comments(0)
イスラエル国防軍の兵士の死因で最も多いのは負傷して搬送中の失血死という。このため戦傷医療において、いかに輸血を行うかが重要になるが、血液は温度変化に弱く、運搬するのが難しい。こうした問題に対し、ベザレル工業デザイン学校の学生・卒業生の展示会において、ネッタ・シャンワルドが「BCarrier」を展示した。
輸血用血液は、保存時は摂氏4度を保ちつつ、使用する際は体温程度に温めなければならない。つまり冷却と保温、2つの機材を持ち運ばなければならない。

BCarrierはこの2つをまとめた血液パック用の保護ケースである。サイリウムのように折ると化学反応が始まる使い捨ての保冷剤を挿入し、24時間保冷できる。使用時は内蔵されたヒーターのスイッチを入れると、規定の温度まで上昇する。

血液パックは挿入したまま輸血装置に接続可能。輸送が簡単になるのはもちろん、温度管理を適切にすることで廃棄血液も減らすことができる。

展示会では他にも戦地で応用できそうなアイディアが紹介されている。イェフダ・ハーマンの「Biosive」は、前線基地やキャンプ地で問題となる伝染病を防止するものだ。

世界では蚊が媒介する伝染病で毎年75万人が死亡している。もちろん殺虫剤を撒くことで予防も可能だが、水源や土壌を汚染する危険がある。

しかしBiosiveではそうした心配なく蚊の発生を抑えることができる。メスの蚊は二酸化炭素や体温で血を吸うための動物を探す習性があるが、これを利用して二酸化炭素を発するコンテナで蚊を集める。

コンテナの中でメスの蚊は、人間には無害だが蚊の幼虫を殺すバシラス属細菌に感染する。メスはそのまま水たまりや池に卵を産むが細菌のため幼虫は発生せず、しかもバクテリアの汚染が水源に広がるため、半径250メートルに殺虫効果がある。

こうしたアイディアは、軍や関係部署の支援でビジネス化されることもあり、イスラエルでは多くの興味深いアイディアが日々生まれている。

Source: From mosquitoes to blood for soldiers, Bezalel students take aim at world woes | The Times of Israel

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201810
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初
『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす
ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に
米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告
『SIG P320』落下暴発で集団代表訴訟。ドイツ本国は自主回収で3,500万ドル(約39億円)の下方修正を計上
オーストラリア軍の新型制式小銃『EF88 Austeyr』に重大な欠陥。「突発的な爆発」で兵士が顔面を負傷
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初 (2019-03-14 12:59)
 『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす (2019-03-13 12:09)
 ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に (2019-03-12 13:57)
 米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告 (2019-03-08 11:45)
 『SIG P320』落下暴発で集団代表訴訟。ドイツ本国は自主回収で3,500万ドル(約39億円)の下方修正を計上 (2019-03-07 15:34)
 オーストラリア軍の新型制式小銃『EF88 Austeyr』に重大な欠陥。「突発的な爆発」で兵士が顔面を負傷 (2019-03-07 13:00)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop