NEWS

H&K社に『破産』の恐れ。「事業活動の継続に関連する重大な不確実性がある」監査法人が警告

海外軍事 Comments(0)
H&K社に『破産』の恐れ。「事業活動の継続に関連する重大な不確実性がある」監査法人が警告
Photo from Heckler & Koch (H&K)
ドイツの世界的銃器メーカー、「ヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler & Koch)」社に『破産』の恐れがあるとして、国内主要紙が報じている。
「ヴェルト」は日曜版の紙面で、『監査法人のKPMG社が、2018年の連結貸借対照表(consolidated balance sheet)に基づく証明書に警告文を添えた』と報じている。
KPMG社は、オランダ・アムステルダムに本部を置き、世界153ヶ国・20万7,000名のスタッフを擁する、四大監査事務所の1つに数えられている。
同監査法人は、『事業活動の継続に関連する重大な不確実性がある』として流動性の欠如によるリスクを指摘しているという。


またヴェルトは、「今年、H&K社は大幅な利益増を記録する必要がある。さもなければ更なる外部資金の確保が必要となる。しかし、それだけでも十分ではなく、同社の存在そのものを脅かすリスクを生み出す可能性がある」として警鐘を鳴らしている。

こうした悲観的な情報が噴出している一方で、H&K社の取締役会はそのグループ報告書において、指摘のあったリスクに注意を向けながらも、「今年度においては明確な業績改善が見込まれる」として楽観的な見方を示しているようだ。


2018年度、グループの売上高は21%増の2億2,095万ユーロ(=約267億5,000万円)だったにもかかわらず、最終損益は805万ユーロ(=約9億7,000万円)の赤字を計上。借金総額は3億8,170万ユーロ(=約462億円)に積み上がっているという。

Source: Bilanzprüfer warnen vor Pleite von Heckler & Koch

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop