カラシニコフ・メディアがレベデフPL-15拳銃のコンパクトモデル「PL-15K」の動画を公開

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
カラシニコフの新型拳銃「PL-15」は9x19 mm口径で軍・警察向けを想定して開発中。インナーハンマー方式のダブルアクションオンリーで、低く押さえられた全高によって銃口の跳ね上がりが抑えられるなど現代的な設計となっている。

これをコンパクト化したのが「PL-15K」で、こちらは2017年8月に試射を開始したばかり。動画中では設計者のレベデフ氏自身が「99%の人が職務中に拳銃を抜いたことがないので、精度よりもコンパクトさを優先した」とコメントしているように、全長180mm、重さ720gはライバルとなるグロック19(174mm)とほぼ同等、装弾数も14+1発を確保している。
こちらは銃器写真家Lazarev氏のYouTubeチャンネルの実射動画。前半はサイレンサーとライトをつけたPL-15、後半でPL-15Kを射撃している。全高の低さとあいまって相当にコンパクトな拳銃だ。

Стрельба из Пистолета Лебедева ПЛ-15! LIVE! LAZAREV TACTICAL - YouTube

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201710
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop