NEWS

ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』

海外軍事 Comments(0)
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
Photo from Kalashnikov Media
ロシアのカラシニコフ社(Концерн «Калашников»)は、8月末開催の「アルミヤ2018(Армия-2018)」でお披露目を迎えた「極寒地向け装備」の開発を継続し、その実地試験をおこなっていることを明かした。
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
Photo from Kalashnikov Media
試験は、①ロシア連邦中部に位置する「ハンティ・マンシ自治管区」、②北部のカラ海に面した「ヤマロ・ネネツ自治管区」、③北極海に突き出したタイミル半島の「ドルガン=ネネツ管区」の計3箇所で進められ、極寒の地に展開する特殊部隊に向けた『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』用の新装備を開発している。
「ナヌーク」とはエスキモー系イヌイット民族の間で知られる言葉で、氷海の王者である「シロクマ」を意味している。

ウラジミール・ドミトリエフ(Vladimir Dmitriev)社長はプレスリリースの中で、「これまでに持ち込んだ全ての試作モデルは、極寒地で80%の有効性を実証できた」「我々は専門家の意見に耳を傾け、最適な構成と必要な素材を見極めていきたい」と語っている。
プロジェクトは、国防省と北極地方開発促進協会(ассоциации содействия освоению арктических территорий « Северный Десант)の参加により進められ、極寒地専用の「ナヌーク・スーツ」をはじめ、スノーモービルやスリーインワン(3 in 1)のスリーピングシステム、テント、メディカル用の輸送コンテナ、通信装備、糧食…など40以上のアイテムで構成されている。

今回の試験に先立ち今年3月、カラシニコフ社は社内の専門家を派遣し国防省と共に、ヤマル半島とタイミル半島において、気温マイナス40度、最大風速25メートル以上、湿度100%に達する極限条件の下で実証試験をおこなっている。

Source: Концерн «Калашников» тестирует комплект арктической экипировки

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得
インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札
アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得 (2019-04-25 13:13)
 インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札 (2019-04-24 17:37)
 アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入 (2019-04-23 19:08)
 米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像 (2019-04-23 18:48)
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop