カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ロシア銃器メーカーのカラシニコフ(Kalashnikov Concern)社が「1948年に製造されたAK-47のプロトタイプ」と題した映像を投稿した。


Photo from Kalashnikov Concern
映像中で紹介されている「AK47(AKS47)」は、いわゆる「I型」でも、ごく初期のプロトタイプと呼ばれるもの。特徴的なプレス成形レシーバーはI型と共通ながらも、マズルスクリューやバヨネットラグが無く、フロントサイト一体型の小型マズルブレーキを備えている。

I型後期になると、各種オプションが装着可能なマズルブレーキや、III型まで共通のバヨネットラグがフロント周りに追加される。
AK47として一般的な「III型」と比較すると、前述のプレスレシーバーと角度の付いたグリップ、スリングスイベルの位置など多肢に渡る違いがあるが、基本的な作動方式や操作方法は同じとなる。

また映像では、III型のマガジンが装着されているが、初期のAK47の場合は後年に「Slabside Magazine」と呼ばれる側面がフラットなものが使用されていた。鋼板が厚くマガジン自体の重量があるため、II型、III型ではリブ付の軽量スチールマガジンに変更されている。

東京マルイから次世代電動ガンとしてリメイクされるものはIII型に相当し、AK47では最も多く生産されたタイプとなる。海外製AK電動ガンはAKM以降のタイプが多いため、クラシックな「AK47」ファンにとっては、同社の製品更新は嬉しい発表として受け止められるだろう。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop