NEWS

米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出

海外軍事 Comments(0)
米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出
U.S. Marine Corps photo by Sgt. Tia Nagle/Released
This photo is for illustrative purposes only.
米海兵隊が新たな『分隊共通光学器(SCO: Squad Common Optic)』取得のため、情報提供依頼書(RFI)を発出した。
現行トリジコン(Trijicon)社製の小銃戦闘光学器(RCO: Rifle Combat Optic)が4倍率・800メートルで設定されるのに対して、新型オプティクスについては最大8倍率を備え、600~900メートルの目標捕捉が求められている。
数量は18,000~最大30,000セット。故障や動力源を失うなど不測の事態に備え、バックアップ用のアイアンサイト(BUIS: BackUp Iron Sights)も要求されている。

海兵隊タイムズの取材によると、この新型オプティクスの調達は、「2020年の第4四半期に始まり、翌2021年の第2四半期までに配備が始まる」としている。

関連記事:
米海兵隊が快適・機能性を追求したエルボー&ニーパッドと「分隊共通光学器」の取得を計画

新たな分隊共通光学器の取得に向けた取り組みついては、2017年9月の報道に遡ることができる。それによると、「過去10年間、海兵隊は多くの技術改良をおこなってきたが、これまでになかったことは、これらすべての改良点を単一の光学系に統合することだ」「今や我々は、複数の光学機器を搭載している歩兵チームを運用しており、余分な重量を増やすことなく、統合化を図る必要がある」とされており、新型モデルの開発とその取得における必要性を唱えていた。

Source: Here’s what your next, more powerful Marine Corps rifle optic will look like

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop