NEWS

米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム

海外軍事 Comments(0)
米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム
Photo: Susan Young
米海軍のSEALsで用いられる極地用のウェットスーツに新たなコーティング(トリートメント)が導入される。これは国防総省とMITによって共同開発されたもので、氷の海でダイバーが過ごせる生存時間を3倍に延長できるという。
正確にはMITが海軍のダイバーと協力して開発した「既存のウェットスーツ用のトリートメントシステム」となり、極地の海に生息するアザラシの皮下脂肪にヒントを得て実用化されたもの。
標準的なネオプレン製のウェットスーツを不活性ガスで満たされたオートクレーブ内に約20時間置くことによって処理を行い、処置されたスーツは密封状態であれば長期間保存することもできる。

作戦行動だけでなく捜索や救助においても従来を上回る成果が得られるだろうと期待されている。

Source: “Artificial blubber” protects divers in frigid water - Massachusetts Institute of Technology (MIT)

Text: 乾宗一郎 - FM201806

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop