NEWS

米海軍遠征戦闘司令部(NECC)が『MOHOC製カメラ』×1,400セット超を購入。同司令部からの発注は2度目

海外軍事 Comments(0)
米海軍遠征戦闘司令部(NECC)が『MOHOC製カメラ』×1,400セット超を購入。同司令部からの発注は2度目
Photo by Petty Officer 1st Class Lynn Friant
This photo is for illustrative purposes only.
米海軍遠征戦闘司令部(NECC: Navy Expeditionary Combat Command)が、個人記録用カメラ(PRS: Personal Recording System)の調達のため、ワシントン州シアトルの『モホック社(MOHOC, Inc.,)』製品を選定した。

関連記事:
世界初の軍用エリート オペレーター向けに特化させたアクションカメラ、RAPID「Mohoc」ローンチ
MOHOCは昨年、NECCから初の受注を獲得した他、NATOおよび米国備品番号(NSN: National Stock Number)が付与されており、今回の調達では「沿岸河川グループ2(CRG2: Coastal Riverine Group 2)」に向けてMOHOCカメラ×1,400セット超の納品が示されている。

米海軍遠征戦闘司令部(NECC)が『MOHOC製カメラ』×1,400セット超を購入。同司令部からの発注は2度目
Photo from MOHOC
MOHOCカメラは、世界初の軍用に最適化されたヘルメットカメラとしてデビュー。特許取得済となった筐体規格は、ヘルメットの外殻に馴染み、引っ掛かりの少ないロープロファイルフォルムに特徴を持つ。

2mからの落下に耐え、水深10mでの防水能力を持つなど「IP68規格」に沿った堅牢性と、戦場のような過酷な環境下でも直感的に操作がおこなえるシンプルな造りとなっている。可視光および赤外線照明で、1,080p HDビデオ、12MP静止画の記録、多用途バッテリーに対応し、WiFi経由でのストリーミングもおこなえる。

各国軍隊、特殊部隊・SWATチームや、ファーストレスポンダーなど、これまでに世界60ヶ国以上で使用されている。

関連記事:
作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop