NEWS

ドイツ連邦軍・法執行機関の公用火器×100挺以上が行方不明。過激派グループでの悪用に警鐘

海外軍事 Comments(0)
ドイツ連邦軍・法執行機関の公用火器×100挺以上が行方不明。過激派グループでの悪用に警鐘
Foto: Bundeswehr / Jana Neumann.
This photo is for illustrative purposes only.
ドイツ日曜新聞「ヴェルト・アム・ゾンターク」は、「連邦軍および警察で使用されている公用火器×100挺以上が行方不明の状態にある」と掲載した。
同紙によるとその内訳の中で過半数が、①連邦軍(Bundeswehr)によるものとなっており、過去10年間でP8ピストル、G3、G36アサルトライフルなどを対象に58挺が、また②州警察で35挺、③連邦警察ならびに連邦刑事庁(BKA)でのピストル×12挺が続いており、合計105挺の紛失が示されている。

議員の中からは「政府はこのデリケートな問題をあまりにも軽視し過ぎているのではないか」「武器が過激派組織の手に落ちることもあり得る」といった意見が出ており、その後の行方に警鐘を鳴らしている。

Source: Mehr als 100 Waffen bei Polizei und Bundeswehr verschwunden

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる
アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
 アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定 (2020-03-19 19:26)
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる (2020-03-18 22:17)
 アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷 (2020-03-17 17:21)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop