NEWS

英タブロイド紙が、陸軍特殊部隊「SAS」初の女性兵士は『アフガン従軍経験を持つ母』の可能性を報道

海外軍事 Comments(0)
英タブロイド紙が、陸軍特殊部隊「SAS」初の女性兵士は『アフガン従軍経験を持つ母』の可能性を報道
Photo from UK MoD
This photo is for illustrative purposes only.
英タブロイド紙「デイリースター」が、「アフガニスタンでの従軍経験を持ち、母でもある英軍の女性兵士が、初めて陸軍特殊部隊『SAS』メンバーになる準備をしている」と報道した。

関連記事:
英軍の女性特殊部隊員が初めてダーイシュ(IS)戦闘員との銃撃戦で3名を殺害。使用火器は「MP5K」
この女性兵士は28歳で、軍特殊部隊を構成する主要部隊のひとつ、「特殊偵察連隊(SRR)」と共に、既に機密性の高い任務(covert missions)に就いているという。これまでにも国内外問わず秘匿裏な任務で展開した経歴を持ち、現在は過酷なSASセレクションの課程にあるとのこと。

英国では昨年の規則改正によって、落下傘連隊(Paras)や海兵隊、SAS、SBSといった前線展開の実動部隊へ、女性兵士の配属が認められるようになった。

関連記事:
2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か

Source: Mum and Afghan veteran set to be FIRST woman soldier to join SAS

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop