NEWS

NFLスタープレイヤーが「国家の英雄」とその家族を称えるためリーボック製スニーカーの発売を企画。全額を寄付へ

海外軍事 Comments(0)
アメリカンフットボール(NFL)のスタープレイヤー、ヒューストン・テキサンズの『J. J・ワット(J.J. Watt)』選手が、スポーツ用品メーカー『リーボック(Reebok)』と組み、『JJ II Valor Edition』なるスニーカーを発表した。
NFLスタープレイヤーが「国家の英雄」とその家族を称えるためリーボック製スニーカーの発売を企画。全額を寄付へ
Photo from JJ Watt official Twitter
このスニーカーは、感謝祭から年末にかけての休暇シーズンに、リーボック公式通販サイトを通じて販売される。1足当たり100ドル程に値付けされた商品の全額が、身命を賭して国防に従事する「(国家の)英雄」とその家族を称えるため、「海軍SEALダニー・ディーツ基金(Navy SEAL Danny Dietz Foundation)」へ寄付されるという。

関連記事:
レッドウィング作戦で散った SEAL 隊員、ダニー・ディーツ氏を偲ぶトリビュート・ライフルが競売に

ワット選手は今回の企画について、「2012年にSEAL隊員の未亡人の一団と面会し、彼らと残された家族たちを称えるために何かをしたいと考えた」「想いを形にしたもので、ご覧の通り特別に派手さがあるものでもない」と語っている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得
インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札
アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得 (2019-04-25 13:13)
 インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札 (2019-04-24 17:37)
 アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入 (2019-04-23 19:08)
 米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像 (2019-04-23 18:48)
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop