NEWS

オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始

海外軍事 Comments(0)

Photo from NSW Police facebook page
This photo is for illustration purposes only.
オーストラリア・ニューサウスウェールズ(NSW)州議会は、テロリストに対する致死的な武力行使について条例を整備する。発砲要件の緩和や、機動隊に相当するPORS(Public Order and Riot Squad)へのカービンの配備などが盛り込まれる。カービンの機種やメーカーは明らかではないが、候補としてコルト製のAR-15クローンが挙がっているという。
世界各地における武装テロ・乱射事件以降、世界各国でテロ対策が強化されており、NSW州の動きもその流れにそうもの。特に2014年シドニー人質立て籠もり事件の影響が大きいという。報告によれば、現場の狙撃手が犯人を狙撃できるチャンスが10分間あったものの、法的正当性に疑いがあり射撃ができなかったという。

オーストラリアは旧宗主国であるイギリスと同様、銃器を普段装備している警察官が少ない。大きな転換と言えそうだ。

関連記事:
テロ攻撃が相次ぐイギリス、市民の72%が「警官の武装を支持」と回答

Source: NSW police to be armed with machine guns

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201706
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop