NEWS

オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示

海外軍事 Comments(0)
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
Photo from Netherland Ministry of Defence
ショットガンは弾薬を変更することで威力を調整し、様々な用途に用いることができる。司法執行機関だけでなく、軍でも一部の部隊では用いられているがオランダ陸軍は今回新たに284丁のショットガンを調達すると公示した。
現在、オランダ陸軍では特殊部隊であるKCT(Korps CommandoTroepen)、第11空挺旅団、王立海兵隊が、モスバーグ社のM590DA1を使用している。この後継としてポンプアクション式のショットガンを購入するようだ。
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
Photo from Netherland Ministry of Defence

現行のM590A1はゴーストリングサイトが搭載され、レシーバーがタン色に塗装されているのが特徴。オランダ軍の公式ページによれば5段階の伸縮ストックを装着したものと、ドア等を破るブリーチング用途向けに全長を短縮したものの2種を用いているという。ジャングル戦・CQB等の近接戦闘用に5また空砲を利用し、催涙ガス等の非殺傷弾を発射することもある。

オランダ軍は2017年にはバレットM107A1を、2018年2月には特殊部隊向けにHK416A5をそれぞれ購入しており、装備の近代化の最中にある。

Source: Strzelby dla Holendrów - MILMAG - The Military Magazine - MILMAG - The Military Magazine

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201809
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得
インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札
アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得 (2019-04-25 13:13)
 インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札 (2019-04-24 17:37)
 アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入 (2019-04-23 19:08)
 米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像 (2019-04-23 18:48)
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop