NEWS

英国が対テロ専門の「スーパーユニット」を創設。警察支援の先陣を担いSAS・SBSなどで構成

海外軍事 Comments(0)

Photo: MDP Photographer, Paul Kemp. All rights reserved
This photo is for illustration purposes only.
国内テロ事案への対処に神経を尖らせている英国では、軍全体の専門家を結集させた「即応部隊」を新たに形成する動きにある。既に志願者による訓練が昨年12月に始動しているとのこと。
陸軍特殊部隊「SAS」と海兵隊特殊部隊「SBS」をはじめ、陸・海軍に渡って80名ほどの支援要員が集結。サイバー分野や爆発物処理など、対テロ関連の専門家から成る「スーパーユニット」で、厳しいセレクションが設けられるものの、SASやSBSの公式傘下とはならない。

英国には、大規模なテロ攻撃を受けた際、警察官を支援するために部隊を展開する「テンパラー作戦(Operation Temperer)」なる計画があるが、その際の先陣を切る役割を担うとの報道。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop