ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
米ライフル用スコープメーカーの『ナイトフォース社(Nightforce Optics, Inc.)』が、極めて過酷な耐久テストを課しても精度を保持することを実証する、同社製品のPR用映像を投稿した。
映像は、5台のカメラを使って撮影され、編集によるヤラセは一切ナシ。
クーラーボックスから取り出されたのは、24時間水の中で冷凍された「Nightforce NXS 5.5-22x50」。米軍の要求する極端に「長距離」且つ「難しい標的を阻止(HTI: Hard Target Interdiction)すること」を目的に開発されたこのスコープが今回の実験対象となっている。


Screenshot from Nightforce Optics official Vimeo channel
取り出されたスコープは切り株の上に置かれ、7ヤード(=約6メートル)離れた位置から12ゲージのショットガンを撃ち込まれている。1発目の発射で大まかに氷を振り払い、勢い余って落下したスコープ目掛けて更にもう1発撃ち込まれている。


Screenshot from Nightforce Optics official Vimeo channel
その後、良好な視界を得るため、対物・接眼両レンズの表面を、眼鏡用クリーナーの主成分でもある「イソプロピルアルコール(IPA: IsoPropyl Alcohol)」を使って拭き取りセッティング。テストに持ち込まれたのは、ゼロイン調整済の「バレット(Barrett)MRADライフル」。ナイトフォース製30mmウルトラライト・リングを使って取り付けられている。

射手からスチールプレートまでの距離は100ヤード(=約90メートル)だったが、見事に一撃で仕留めている。


Screenshot from Nightforce Optics official Vimeo channel
また耐久テストはこれだけで終わらず、スコープを金槌の要領で使用し、5寸釘を打ち込むという荒業までもやってのけている。釘打ちは局所的な力が瞬間的に加わるため、スコープ本体に大きなダメージが残ると思われるも、再びマウントさせた際の射撃もまた一撃必中となっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop