オプスコアが初のアイウェア製品『Mk1 Performance Protective Eyewear』を発表

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
オプスコアが初のアイウェア製品『Mk1 Performance Protective Eyewear』を発表
Photo from Gentex Corporation.
オプスコア社 (Ops-Core Inc.,) を傘下におくジェンテックス社(Gentex Corporation)が、オプスコア・ブランドで初となるアイウェア『Ops-Core Mk1 Performance Protective Eyewear』を発表した。本製品は、ジェンテックス社の高性能光学部品製造における50年以上の経験と、オプスコア社の基本設計原則やモジュール性といったブランド理念に基づき、エリート部隊の過酷なミッションに耐えられるよう設計されている。
耐久性に優れたアルミニウム製メタルフレームは、ブラック / タン / グリーン / グレー、の計4色。レンズカラーは、クリア / ティント / ダズル・レーザー・アイ・プロテクション(対レーザー用) / ハイ・コントラスト、の計4色。全てのレンズは、耐衝撃基準 ANSI(米国規格)Z87.1に準拠し、独自開発のインサート構造によってレンズ交換が簡単にできる。将来的には、アドバンスト・レーザー・アイ・プロテクション(ALEP)、アドバンスト可変光透過(AVLT)などのレンズオプションを展開する予定。

オプスコアが初のアイウェア製品『Mk1 Performance Protective Eyewear』を発表
フレーム:ブラック / レンズ:ティント(左) ダズル・レーザー・アイ・プロテクション(右)
Photo from Gentex Corporation.

オプスコアが初のアイウェア製品『Mk1 Performance Protective Eyewear』を発表
フレーム:タン / レンズ:ティント(左) ダズル・レーザー・アイ・プロテクション(右)
Photo from Gentex Corporation.

オプスコアが初のアイウェア製品『Mk1 Performance Protective Eyewear』を発表
フレーム:グリーン / レンズ:ティント(左) ダズル・レーザー・アイ・プロテクション(右)
Photo from Gentex Corporation.

オプスコアが初のアイウェア製品『Mk1 Performance Protective Eyewear』を発表
フレーム:グレー / レンズ:ティント(左) ダズル・レーザー・アイ・プロテクション(右)
Photo from Gentex Corporation.

価格は、フレームカラーとレンズカラーの組み合わせ方によって異なる。
●フレーム:ブラック --- 「ティント」170米ドル、「クリアとティントのレンズセット」210米ドル、「ダズル・レーザー・アイ・プロテクション」210米ドル。
●フレーム:タン ---- 「ティント」190米ドル、「クリアとティントのレンズセット」230米ドル、「ダズル・レーザー・アイ・プロテクション」280米ドル。
●フレーム:グリーン --- 「ティント」210米ドル、「クリアとティントのレンズセット」230米ドル、「ダズル・レーザー・アイ・プロテクション」280米ドル。
●フレーム:グレー --- 「ティント」210米ドル、「クリアとティントのレンズセット」230米ドル、「ダズル・レーザー・アイ・プロテクション」280米ドル。
尚、「ハイ・コントラスト」と「クリア(単品)」はオプションレンズのみで、フレームと組み合わせた販売は無い。オプションレンズの価格は、「ダズル・レーザー・アイ・プロテクション」のみ149.95米ドル、他の3色は59.95米ドル。また、オプションパーツとして、ガスケットタイプの防風防塵用プロテクター(29.95米ドル)も準備されている。

メーカー詳細ページ: https://shop.gentexcorp.com/ops-core-mk1-performance-protective-eyewear/

Text: 弓削島一樹 - FM201901

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判
米マーシャル『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画。「10年間で最も満足する製品」と高評価
米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出
フランス海軍特殊部隊「コマンドー・ユベル」の隊員2名がブルキナファソの人質救出作戦で戦死。人質4名を救出
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
 「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判 (2019-05-17 19:15)
 米マーシャル『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画。「10年間で最も満足する製品」と高評価 (2019-05-17 17:51)
 米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出 (2019-05-14 15:37)
 フランス海軍特殊部隊「コマンドー・ユベル」の隊員2名がブルキナファソの人質救出作戦で戦死。人質4名を救出 (2019-05-13 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop