銃砲店を専門的に狙う窃盗団の存在を背景に、南北カロライナ両州で1,000挺以上の銃火器が盗難

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from ATF
This photo is for illustration purposes only.
米国の南北カロライナ両州では2017会計年度において、実に1,000挺もの銃火器が盗まれていたことが「アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(ATF: Bureau of Alcohol, Tobacco, Firearms and Explosives)」の調査報告書によって明らかとなった。ノースカロライナ州最大都市シャーロットを中心に、両州は現在、銃砲店からの窃盗件数が全米最悪として汚名を轟かせている。

ATFによると2017会計年度は、60店舗の銃砲店が襲撃されており、その結果1,032挺の銃火器が盗難の被害に遭ったとし、その内の201挺については後に回収されたとしている。

Photo from ATF
This photo is for illustration purposes only.
こうした深刻な状況のその背景には、銃火器ばかりを狙った悪名高き窃盗団の存在が浮かび上がっていた。銃砲店へ侵入する際に、「噴射式火炎放射器(ブロートーチ)」を多用していたことからATF捜査官の間で「ブロートーチクルー」と呼ばれていたこの窃盗団。ATFによれば、14軒の銃砲店に侵入し、340挺を盗み出していたとのこと。その後、87挺については回収されている。

ATFの懸命な追跡の結果、主犯格とみられている27歳の男の身柄が拘束され、10年の刑務所行きが言い渡されている。

取り調べの中で一味は、盗んだ銃火器を別の犯罪者集団に売りさばいていたことが分かっている。中には、メンバーの盗んだ銃が、ワシントンD.C.で発生した殺人事件において使用されていた事例も確認されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop