枕はサイレンサーの代わりになるか?比較実験動画が公開

映画・テレビ Comments(0)
枕はサイレンサーの代わりになるか?比較実験動画が公開
枕やクッションに銃を押し当てて、音もなく対象を殺害する……ハリウッド映画ではこうした殺し屋が時々見られるが、こんなことが本当に可能なのだろうか?同じ銃をサイレンサーなし、枕あり、サイレンサーありで射撃し、比較した動画が公開されている。

関連記事:
「サイレンサーで実射性能は変わるのか」アメリカ海兵隊が実験動画を公開
結論としては「小さくはなるが決して耳に悪影響を与えない音量にはならない」とのこと。動画中の音もサイレンサーありの場合と比べて明らかに大きく、映画の中ほどの効果はないようだ。

米国においてサイレンサーはフルオート火器と同等の規制があり所持が難しい。しかし、スポーツや狩猟において射手や周囲の人間の聴覚を保護するという公共の福祉のため、サイレンサーを規制の対象から外そうという動きがあり、2017年の「Hearing Protection Act」などの法案が提出されている。

なお、動画の最後で実験に使われている枕が焼却されているが、これは枕がサイレンサーとみなされ、アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(ATF)が取締りにやってくるのを防ぐため。製作者は「実験の際はATFに提出できるよう枕のシリアルナンバーを記録しておくこと」とアドバイスしている。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201903
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
特殊部隊の隊員が描く、本格クライムムービー漢たちの「HAKUTO」始動 開始。
災害に、アウトドアに、一つあると心強いライト、 SureFire(シュアファイア) その1 歴史編
元デルタのラリー・ビッカーズが映画「ボーダーライン」のミリタリー描写を徹底検証
警察官の「ボディカム」を題材にしたホラー・スリラー映画『Body Cam』の海外版トレーラー公開
映画「トップガン」TV版吹替を初収録した4K UHD ソフトが発売
「山猫は眠らない」シリーズのトム・ベレンジャー主演 スリラー映画『Blood and Money』のトレーラー公開
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 特殊部隊の隊員が描く、本格クライムムービー漢たちの「HAKUTO」始動 開始。 (2021-12-18 13:42)
 災害に、アウトドアに、一つあると心強いライト、 SureFire(シュアファイア) その1 歴史編 (2021-09-02 16:13)
 元デルタのラリー・ビッカーズが映画「ボーダーライン」のミリタリー描写を徹底検証 (2020-06-07 20:00)
 警察官の「ボディカム」を題材にしたホラー・スリラー映画『Body Cam』の海外版トレーラー公開 (2020-05-31 12:00)
 映画「トップガン」TV版吹替を初収録した4K UHD ソフトが発売 (2020-05-10 18:12)
 「山猫は眠らない」シリーズのトム・ベレンジャー主演 スリラー映画『Blood and Money』のトレーラー公開 (2020-04-15 21:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop