NEWS

戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』

海外軍事 Comments(0)
ウクライナの戦場の最前線に展開している兵士に対し、束の間の幸福を提供する『ピザ』の宅配サービスが話題となっている。
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
Photo from Pizza Veterano
『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』は従業員の多くが退役軍人、または戦禍を逃れた人々で構成されている。今年5月にドネツク州マリウポリにオープンし、20キロメートル離れた最前線の兵士らに初めてピザの宅配をおこなった。サービスのキーマンは23歳の元志願兵、Oleksiy Kachko氏とBogdan Chaban氏の2人。戦場で負傷した過去を持つKachko氏は片方の肺を失っている。

戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
Photo from Pizza Veterano
AFPの取材に対して、Kachko氏は「僕らは毎週1回、ネットや店舗で集めた寄付金を使って、Lサイズピザ×20枚を最前線に展開している兵士に直接手渡ししているんだ」「このサービスは、(米国HBO社(Home Box Office, Inc.)のTVドラマシリーズ)「ジェネレーション・キル(Generation Kill)」で描かれた兵士たちのイラク戦争に触発されて思い付いた」と語っている。

時には敵との距離、わずか80メートルという、一触即発の危険地帯さえも届け先になるという。
普段は冷たいスープに缶詰など日持ちが効き、いつでもすぐに食べられるようなものを口にしている兵士にとって、温かいピザは何よりも有難い差し入れに相違ない。しかし、美味しいピザが目の前にあっても、大きな声で喜ぶことができず、周囲の状況に気を配りながら頬張るしかないようだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得
インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札
アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得 (2019-04-25 13:13)
 インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札 (2019-04-24 17:37)
 アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入 (2019-04-23 19:08)
 米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像 (2019-04-23 18:48)
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop