シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
Photo from Sig Sauer for Illustration Purpose Only


シグ社のP320拳銃が一定の条件下で落下した際暴発する危険があるとして提起された集団訴訟について、原告団と被告のシグ社が和解に至った旨、シグ社が発表している。

関連記事:
テキサス州ダラス市警が安全上の問題でシグ・P320の使用認可を一時停止 - ミリブロNews

「P320は安全」か?ダラス市警での使用停止騒動を受け有志が落下テストを実施、シグ社はプレスリリースを配布 - ミリブロNews

シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始 - ミリブロNews

『SIG P320』落下暴発で集団代表訴訟。ドイツ本国は自主回収で3,500万ドル(約39億円)の下方修正を計上 - ミリブロNews

シグ社は相次ぐ暴発の報告をうけ、2017年8月8日以前製造のものに対しては無償の改修プログラム(Voluntary Upgrade Program……VUP)を提供した。

プレスリリースでシグ社は改修の前後いずれの製品においても不具合は存在せず、VUPで落下に対する安全措置が追加され、アメリカ国内のあらゆる基準を上回る安全水準を達成しているとした。
一方で、法定の安全基準試験を外れた、非常に限定された条件下においては特定の角度で落下した際に暴発するという点も認めており、必要十分の安全性はあるが将来の訴訟リスクを鑑み和解に応じたと結論した。

なお、VUPではトリガーとシアの接続を断つディスコネクタが追加されたが、これはトリガーフィーリングを向上させ、シアとの噛合いミスを防ぐためのものであると、落下に対する責任を回避。落下に対する安全性を向上させる効果があるも、それが第一の効果ではなく、必ずしも暴発を防ぐわけではないとした。

ユーザーに対してはVUPの提供を続けるとともに、一部の故障に対する無料修理や製品交換などに応じていくという。

落下暴発に関してはこれで一応の解決がはかられる形であるが、他の形態での暴発事故も発生しており、これからもP320の安全性については注視していく必要があると思われる。

関連記事:
フィラデルフィア警察がP320暴発事件の調査を終了、メーカー提訴を保留 - ミリブロNews

Source: Hartley Agreement | Sig Sauer

Text: Chaka (@dna_chaka)
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表
NATO保守整備補給機関がドローンとレーダーによる弾道ミサイル追跡システムを開発
イランが新型のコンテナ積載型地対地ミサイルシステムを開発
米国のAI技術企業が無人機開発会社を買収
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
 台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表 (2021-08-03 18:51)
 NATO保守整備補給機関がドローンとレーダーによる弾道ミサイル追跡システムを開発 (2021-08-01 18:04)
 イランが新型のコンテナ積載型地対地ミサイルシステムを開発 (2021-07-31 16:21)
 米国のAI技術企業が無人機開発会社を買収 (2021-07-30 13:58)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop