台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(1)
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
Photo from Raptor Airsoft
3年近い歳月を経て、台湾エアソフトメーカー「ラプター(Raptor)」が、ロシア現用拳銃『MP443』のリリースに漕ぎ着けたことを発表した。

関連記事:
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
Photo from Raptor Airsoft
仕様は以下の通りだが、規制基準の異なる日本市場に向けては樹脂製フレームの準備を進めるとしている。いずれにしても続報は、公式FaceBookページにて投稿が予定されている。
Specifications:
GBB GREENGAS MP443 GRACH PISTOL:
GREENGAS MAGAZINE 25 BB CAPACITY

METAL SLIDE.AND FRAME
BARREL LENGTH 105MM.
GBB/VSR BUCKING.

COMING ACCESSOIRES AND PARTS:
CO2 MAGAZINE
FLASHLIGHT DOT MOUNT

Source: Raptor Airsoft MP443 Grach GBB Pistol Project

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示
SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』
現用装備x終末状況の新感覚イベント、『デザスターズキャンプ』が2020年1月25日(土)・26日(日)に開催
MilSimゲーム『メイソンロックV3』が2020年1月11日(土)に開催
シューター&T.REX ARMS社CEOのルーカス・ボトキン氏が創業から現在を語る
韓国エアソフトメーカー「GBLS」が HK416限定版『GDR416』を発表。DAS次期開発モデルは『89式小銃』か
 台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示 (2019-12-18 16:35)
 SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』 (2019-12-18 13:49)
 現用装備x終末状況の新感覚イベント、『デザスターズキャンプ』が2020年1月25日(土)・26日(日)に開催 (2019-12-13 19:58)
 MilSimゲーム『メイソンロックV3』が2020年1月11日(土)に開催 (2019-12-12 14:07)
 シューター&T.REX ARMS社CEOのルーカス・ボトキン氏が創業から現在を語る (2019-12-11 13:12)
 韓国エアソフトメーカー「GBLS」が HK416限定版『GDR416』を発表。DAS次期開発モデルは『89式小銃』か (2019-12-10 15:25)
この記事へのコメント
めっちゃ期待。最近日本でもco2が広まり出してるからゲームユースも行けそうだし。
Posted by 一般タルコフ市民 | at 2020年01月15日 23:42
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop