台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(1)
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
Photo from Raptor Airsoft
3年近い歳月を経て、台湾エアソフトメーカー「ラプター(Raptor)」が、ロシア現用拳銃『MP443』のリリースに漕ぎ着けたことを発表した。

関連記事:
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
Photo from Raptor Airsoft
仕様は以下の通りだが、規制基準の異なる日本市場に向けては樹脂製フレームの準備を進めるとしている。いずれにしても続報は、公式FaceBookページにて投稿が予定されている。
Specifications:
GBB GREENGAS MP443 GRACH PISTOL:
GREENGAS MAGAZINE 25 BB CAPACITY

METAL SLIDE.AND FRAME
BARREL LENGTH 105MM.
GBB/VSR BUCKING.

COMING ACCESSOIRES AND PARTS:
CO2 MAGAZINE
FLASHLIGHT DOT MOUNT

Source: Raptor Airsoft MP443 Grach GBB Pistol Project

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
 ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却 (2020-03-03 19:47)
この記事へのコメント
めっちゃ期待。最近日本でもco2が広まり出してるからゲームユースも行けそうだし。
Posted by 一般タルコフ市民 | at 2020年01月15日 23:42
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop