NEWS

リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更

海外軍事 Comments(1)
リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更
Photo from Revision Military
米国のリビジョン・ミリタリー(Revision Military)社が、会社名を「ガルビオン(Galvion)」に変更したと11月26日に同社オフィシャルサイトとFacebookページで報告した。

関連記事:
リビジョン・ミリタリーによる米軍特殊部隊向け次世代戦闘ヘルメットシステム「カイマン」のPV
2001年にプロテクション・アイウェアの会社として起業し、いまでは米軍陸軍をはじめとする世界各国の軍隊(イギリス陸軍、ドイツ軍、スイス陸軍など)への納入実績をもつようになった同社であるが、名称「リビジョン・ミリタリー」とブランディングに加えアイウェアの販売権と製造事業(工場と従業員130人を含む)をニューヨークの民間投資会社:ASGARD Partners&Co.へ売却したことを10月に発表していた。

今後は、アイウェアと共に展開してきたヘッドシステムや電源機器などの事業に技術と経験を集約し、更なる発展を目指すとのこと。

11月末現在のガルビオン社オフィシャルサイトはトップページのみ公開されているが、リビジョン・ミリタリー社オフィシャルサイトからヘッドシステムや電源機器などのコンテンツが順次移行する予定となっている。

Source: Former Parent Company of Revision Military Announces Name Change To GALVION

Text: 弓削島一樹 - FM201912

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習
寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に
米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用
アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見
フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習 (2020-01-17 17:52)
 寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に (2020-01-16 16:03)
 米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」 (2020-01-15 12:20)
 フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用 (2020-01-14 17:26)
 アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見 (2020-01-09 14:14)
 フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注 (2020-01-07 20:50)
この記事へのコメント
同名のロボットアニメと何か関係が・・・・?
Posted by ドルシア軍中尉 | at 2019年12月06日 18:39
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop