NEWS

ロシアの投資家も過去に「H&K」社の取得に関心。「政府承認が下りない」「べらぼうな金額提示で一蹴」

海外軍事 Comments(0)
ロシアの投資家も過去に「H&K」社の取得に関心。「政府承認が下りない」「べらぼうな金額提示で一蹴」
Photo from Heckler and Koch (H&K)
ドイツ銃器メーカー「H&K」社について、ロシアの投資家もその取得に関心を示していたことが明らかとなった。

同社の買収を巡っては、マルタ、バルバドス、ルクセンブルク、ニュージーランド、米国のオフショア企業のコングロマリットがクローズアップされており、既報の通り、その中でキーマンとなる人物を国内ニュース誌「フォーカス」が紹介している。

関連記事:
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
そして、今回の一報も同じくフォーカス誌がスクープしたもので、過去10年間遡る中で、複数回に渡りロシア側からアプローチのあったことが、ドイツ治安当局によって記録されている。

ロシアの投資家も過去に「H&K」社の取得に関心。「政府承認が下りない」「べらぼうな金額提示で一蹴」
Screenshot from Klimovsk Specialized Ammunition Plant (Russian...KSPZ)
記事によると2009年、ロシア最大の弾薬工場「KSPZ」率いるJorge Sumin氏が、メキシコとの関わりを持つ中で、生産の近代化と買収の可能性を求めていたという。
また、ロシア側からその後2012年にも、投資家によるアプローチが再度おこなわれたとされる。

最初のケースでは、大株主のアンドレアス・ヘーシェン(Andreas Heeschen)氏が、「ロシアによる買収はドイツ政府によって承認されるはずがない」と指摘。また第二のケースでロシア側は、民間銀行IBB AGに投資協力の書面を送るも、ヘーシェン氏から「到底割に合わない金額」が示され一蹴されたようだ。

フォーカス誌によると現在、H&K社の買収は連邦経済省からの承認待ちとなっている。

Source: Heckler & Koch: Russen versuchten schon dreimal die Waffenschmiede zu kaufen

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop