エアソフト用途をルーツに持つデヴタックの防弾フルフェイスマスクが英軍特殊部隊SASでも利用?

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
エアソフト用途をルーツに持つデヴタック・ジャパン(DEVTAC Japan)の防弾フルフェイスマスクが、米軍最精鋭特殊部隊の陸軍デルタフォース並びに海軍特殊部隊のSEALでも使用され、現在英軍にも広がり、特殊部隊SAS/SBSの隊員らも利用を始めている―。

英タブロイド各紙が伝えた記事をトレースする格好で、英語圏を中心に各国ネットメディアでも拡散中のこの話題。震源地となっているデヴタックは、「(どのメディアも)面白いことに少し誇張されていて、だれも我々にインタビューしに来ていない」「報道関係者は何でそんなに怠惰(たいだ)なんだ?」と公式SNSを通じて呟いている。

Photo from Devtac
時系列的に見れば、デヴタック公式SNSで紹介された1枚の写真がきっかけになったのかもしれない。そこには同社の「ローニン(RONIN)」マスクを被った米軍特殊部隊員の姿が収まっており、製品の紹介が添えられていた。

一連の流れを見ていた銃器情報サイトのガンズドットコムがデヴタックに対して「SASは貴社のヘルメットを試験しているか?」とするメールインタビューを実施。その問い掛けに対して、デヴタックは「肯定も否定もできない」と回答を寄せている。


Photo from Devtac
独創的なデザインの光るデヴタックのマスクについては、事実として各国の特殊部隊から注目されている。これについては今年2月の時点で既報の通り、中東のドバイでおこなわれた「国際防衛展示会・IDEX2017(International Defence Exhibition and Conference)」で同社が出展していたことに遡ることができ、「8ヶ国」とも言われる諸外国から、特殊部隊を含めた需要のため、テスト用サンプルの注文を受けたことが報じられている。

関連記事:
エアソフト用途をルーツに持つDEVTAC JapanのヘルメットがIDEX2017に展示。各国特殊部隊が試験用途に発注

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop