SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 イベント開催情報 レポート Comments(0)
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
2019年1月22~25日にラスベガスのサンズエキスポで開催されたSHOTSHOW(ショットショー)。
世界中のメーカーが集まり広い会場には多数の製品が展示されるという世界最大規模の銃器見本市です。
今回はその中から筆者が気になったアイテムを新製品を中心に紹介していきましょう。
SIG SAUER MPX COPPERHEAD COYOTE
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
ピストルカービンあるいはSMGタイプであるSIG MPXのコンパクトモデル。
超コンパクトでほとんどピストルサイズです。
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
まるでステープルガン(タッカー)のようなサイズ感や独特なグリップ、伸縮式のブレース(ストック)など見どころの多いモデルでした。
エアガンで出たらおもしろそうですね。

CMMG MK57
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
昨今流行りのARベースのピストルカービンですが使用弾薬は5.7x28mm。そう、P90の弾です。
というわけでマガジンはFN Five-seveN用を使用。
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
ブースの担当者も「この弾は高いけど貫通力がすごいんだぜ」とのこと。他のブースで聞いたのですが5.7mm弾は木造住宅なら数件貫通するそうです。
もうひとつの注目ポイントは新型のスライドストック。アルミ製で軽いのにガッシリしていました。

ANGSTADT ARMS SCW-9
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
超小型+コンパクトなARピストルカービン。9x19mm仕様でバレルは4インチ、重量は1.8kg。
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
最大の特徴はこの片持ち式のPDWストック。ジュラルミン製で超軽量。
9mm弾ならこの片持ちアームとショートバッファーでも十分な強度があるそうです。

KALASHNIKOV KR9 SBR
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
カラシニコフもピストルカービンに進出? AKベースで9x18mmではなく9x19mm仕様です。
このモデルはフォールディングストックを備えたSBR(Short Barrel Rifle)で、他にストックレスのピストルモデルもありました。

CZ SCORPION Evo3 S1 CARBINE BULLPUP KIT
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
9mmカービンであるスコーピオンevo3用のブルパップキット。
80年代SFアクション映画に出てきそうなルックスながら仕上げや各部のクオリティはさすが純正品といったところ。
手に取って見るとリアヘビー感はなくバランスも◎でした。

MAXIM DEFENCE PDX
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
ビレットレシーバーを装備するPDWタイプのコンパクトAR。
通常の5.56mmとAK用の7.62x39mm弾仕様があります。
ストックの違いによってピストルバージョンとSBRバージョンがあり、MSRPは1799ドル。

Auto-Ordnance TACTICAL THOMPSON
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
オールドガンであるトンプソンSMGを近代化したタクティカルモデル。
ARバッファーやピストルグリップ、そして16インチバレルとM-LOKハンドガードが搭載されています。
持った感じは意外とバランスよく、「あれ、これ普通に使えるかも?」という印象でした。

CHRISTENSEN ARMS The MPR
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
ハイクオリティで知られる高級メーカー、CHRISTENSEN ARMSの最新型MPR(Modern Precision Rifle)。
その名の通り命中精度を徹底的に高めた同社の看板モデルです。
カーボンファイバー製のハンドガードや同じくカーボンラップのアウターバレルによって非常に軽く、その重さは5.56mmの16インチモデルでたったの3.1kg。東京マルイのVSR程度の重さにしか感じられませんでした。
5.56mmや6.5Creedmoor、308winや338Lapuaなどに対応しMSRPは2295ドル〜。

BROWNELLS BRN-180
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
大手通販サイトのBROWNELLSがリリースするオリジナルのAR用アッパーアッセンブリー。
通常のAR15のアッパーと載せ替えればガスピストン方式のAR180になるというものです。
サイドに飛び出たチャージングハンドルがAR180的でハンドガードは最新のM-LOKタイプがセットされます。

GEISSELE SUPER DUTY
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
ガイズリーがリリースするコンプリートARがSUPER DUTY。
各レングスやカラーのバリエーションが豊富でミリタリー・LE仕様もラインナップしています。
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
気になる人も多いであろうハンドガードとレシーバーのマーキングはこの通り。
このモデルはエアガンで欲しいなぁ、というかきっとどこかから発売されると思います。

IWI TAVOR
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
新製品ではありませんが珍しいミリタリー仕様のタボール。しかも40mmグレネードやT2ドット、グレネードサイトといったフル装備のてんこ盛りバージョンです。
これだけ盛ってもそれほど重くありません。ただし各部が微妙にギシギシします。

REMINGTON MODEL870 TACTICAL FOLDER
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
ショットガンのベストセラーである870シリーズに今年はフォールディングストックバージョンが追加されました。
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
ピストルグリップ基部から折れるストックは樹脂製で畳んだ状態でも各操作を阻害しないデザインになってます。

Tristar COMPACT Bullpup Shotgun
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
ストック部のセレクターから分かるように中身はAKベースのサイガ。この状態で20インチバレルとなりチョークも交換可能だとか。
タクティカルユースだけでなくハンティングにも使えそうです。

TROY SOCC PISTOL
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
トロイのコンパクトモデル・・・ではなく注目はハンドガード。何とトロイがM-LOKハンドガードをリリースしました。
Key-Modの開発メーカーの1つであるトロイさえもM-LOKに方向転換するとは・・・。

HK VP9L-B
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
HK社のストライカーピストルであるVP9の最新バリエーション。
5インチのロングバレルキットを組み込んだものでファーバータイプのフロントサイトとスクエアノッチのリアサイト、そして大胆なスライドスリットがポイント。
フレーム側はボタンタイプのマガジンキャッチになっています。

KIMBER KHX CUSTOM RL
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
INDUSTRYDAYでも試射した最新のカスタム1911。
Trijicon製RMRを搭載しておりV10素材のグリップとバックストラップによってホールディングは非常に◎。
細部までキンバーらしい手の込んだ作りでした。
MSRPはRMR込みで1946ドル。

NIGHTHAWK CUSTOM VIP Black
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
高級カスタム1911で知られるナイトホークの一風変わったニューモデル。
シンプルなルックスに手加工のエングレーブが入り表面はブラックダイヤモンドフィニッシュ。フロントサイトは14Kのゴールドビーズ、グリップはキリンの骨製という高級志向。高級クルミ材のプレゼンテーションボックスに入って納品されます。
さすがにお高く価格は7999ドル〜。

WALTHER Q5 MATCH SF
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編

オールスチールにこだわったワルサー社製のマッチガン。
口径は9mmでバレルはポート付きの5インチ、装弾数は15または17発。RMRのダイレクトマウントも可能です。
ブルーのクイックディフェンストリガーは感触が素晴らしく「よく当たりそう!」なハンドガンでした。

STEYR A2 MF PISTOL
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
シュタイヤ社最新のポリマーピストル。
同社独特のハイグリップポジションは変わらずモジュール式のグリップパネルやトリガーセフティ、台形ノッチのリアサイトが特徴になります。
価格は675ドル。

GLOCK G43X
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
スリムタイプのG19サイズフレームにG26サイズのシルバースライドを組み合わせたサブコンパクトな9mmモデル。
スリムフレームでも装弾数は10発を確保。
携帯性の高いコンパクトグロックです。

GLOCK G48
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
こちらはG19を薄いスリムフレームにしたバージョン。フレームの前端がやや短くなっておりスライドにはフロントセレーションが入ります。
何でもカナダではG19が規制によって販売できないらしくその対策モデルだとか。
装弾数はG43Xと同じスリムマガジンを使用して10発。

KELTEC CP33 Pistol
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
KELTCお得意のポリマーを多用した22LRピストル。
スライドは固定式でMP7のようなチャージングハンドルによってインナーボルトを引いてコッキングします。
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
装弾数は標準マガジンで33発、写真のロングマガジンだと50発も入っちゃいます。

STANDARD Mfg S333
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編

一見すると22LRを使用する小型リボルバーで装弾数は8発。
しかし左右2連のバレルを搭載しており一度に2発を発射します。
メーカーの人いわくセルフディフェンスやスネークショットに最適だとか。
ロングトリガーは女性でも引きやすくするためのものだそうです。

LONEWOLF CUSTOM GLOCK SLIDE
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
CNC加工によるグロック用カスタムスライドで知られるLONEWOLFは各モデルを展示していましたが、中でも目についたのがこのスリックで真四角なスライド。
何でも加工用のベース品らしくオーダーがあればこの状態でも販売するとのこと。
セレーションやサイト用ホールがなく使いにくいことこの上なしですが撃つだけなら問題なく可能だそうです。

TAURUS 856
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
トーラスが発表したアルミフレームのコンパクトリボルバー、38口径の6連発になります。
見ての通りアルマイトカラーによる豊富なカラーバリエーションは女性ユーザーを意識したものでしょうか。
価格は398〜413ドルとお手頃価格。

IVER JOHNSON ARMS POCKET ACE 4 DERRINGER
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
ポケットピストルで知られる同社の新製品が4銃身のデリンジャータイプ。 
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
バレルはスライド式の取り外しタイプで22LRを4発装填可能。
ハンマーは4バレルの中心に位置し、時計回りに回転しながら22LRのリムを叩いて発火させます。

RADETEC SMART SLIDE
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
スペインのRADETEC社が販売するグロック用のカスタムスライド。
見ての通り背面にモニターが埋め込まれており、映画『エイリアン2』のパルスライフルのような残弾カウンターとして機能します。残弾の検知は加速Gとマグネット入りのマガジンフォロワーによるものだとか。
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
スライドは後端部がわずかに幅広ですが携帯性への影響はほとんどないでしょう。
アップデートによる機能追加も期待できそうですね。

SIG PROFORCE M17 AIRSOFT
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
SIG純正品として6mmBB弾を使用するエアソフトガンが登場します。
モデルは見ての通り今話題のP320。
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
MEDE in TAIWANのマーキングが入り、マガジンはガス注入式。
メタルスライドとパワー規制さえ何とかすれば日本国内でも販売できそうに思えました。
SIG正規品のエアソフトモデルとなれば期待してしまいますね。

Aimpoint COMP M5S
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
昨年発表されたCOMP M5がM5Sに進化しました。M4→M4Sのようにバッテリーケースの位置変更です。
スペックや価格(1090ドル)に変更点はほぼなくM4・M4Sのように併売されるそうです。

Aimpoint ACRO P-1
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
ブランニューの超小型チューブドットでボディはアルミ製。ピストル用とのことですがカービンへの搭載も問題なくOK。
3.5MOAの1モデルで価格は660ドル、同社のラインナップでは普及価格帯のベーシックモデルになる予定です。

SCHMEISSER 60RDS POLYMER STICK MAGAZINE
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
あのドイツのシュマイザー社はARクローンをリリースしていますが今回はARの展示はなし。
そのかわりにAR用のワイドマガジンを展示していました。
ダブルxダブルの4カラム式で装弾数は60発。高強度+耐熱ポリマー製で軽量なのがポイントです。

SAVAGE ARMS
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
同社製7.62mmARであるMSR10に装備されていたピストルグリップが変わりダネだったのでちょっと紹介。
見ての通り回転式になっており通常角度か垂直式か好みでで選べます。
垂直なグリップは一部のタクティカルユースやプローン射撃時に有効だそうです。

SilencerCo SAMPLE GUNS
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
サイレンサーメーカーであるSilencerCoが展示していたサンプルが興味深いものばかりでした。
特にA3レシーバーのMP5やXM8、HK SG-1などは筆者も実銃を見たのは初めて。
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
そしてそんなレアな銃に装着できるサイレンサーがあることも驚きです。

以上、銃器類の新製品を中心に軽くまとめてみました。
毎年そうなのですがSHOTSHOWの会場は異様に広く、じっくり回っていたら4日間では絶対足りません。
SHOT Show 2019レポート~その1 銃器編
なので「○○の□□がないよ!」という場合はぜひご容赦を。

次回はアパレル・装備品を中心としたまとめを予定しています。
銃器だけでなくこれらにも興味がある方はご期待下さい。

Text & Photo: 乾宗一郎

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop