NEWS

歩兵用装備の刷新を図るシンガポール企業の次世代製品ラインナップ

海外軍事 Comments(0)
歩兵用装備の刷新を図るシンガポール企業の次世代製品ラインナップ
アジア最大級の国際航空展示会「シンガポール・エアーショー2018」が、6日から11日に掛けて開催されている中、同国の航空宇宙防衛企業である「STエンジニアリング社(Singapore Technologies Engineering Ltd)」が、そのサービスラインナップを示す映像を投稿した。

関連記事:
米海兵隊の負荷影響評価計画に倣ってデザインが進むシンガポール軍の次世代ロードベアリングシステム
『スマート・ソルジャー・システム(Smart Soldier System)』と名付けられた歩兵用の戦闘装備については、トレンドとなっている電子系との統合による効率化や、負荷分散処理を含めた軽量化の実現、人間工学に基づく着用者のフィット感…といった追求がおこなわれている。

歩兵用装備の刷新を図るシンガポール企業の次世代製品ラインナップ
Screenshot from ST Engineering

歩兵用装備の刷新を図るシンガポール企業の次世代製品ラインナップ
Screenshot from ST Engineering

歩兵用装備の刷新を図るシンガポール企業の次世代製品ラインナップ
Screenshot from ST Engineering
まず頭部を見てみると、「SHADES(Shielded Advanced Eyewear System)」と名付けられたヘルメットと一体になったヘッドアップディスプレイが確認できる。また、胸部を中心に兵士の全体像を見渡すと、『電子統合ベストシステム(Electronics Integrated Vest System)』として下記の名称が挙げられている。

電子統合ベストシステム(Electronics Integrated Vest System)
* PLATE(Personal Lightweight Armour Technology)
* ARTIC(Adaptive Real-time Core Temperature Intelligent Cooler)
* PROTEC(Personal Reinforced Outer Tactical Equipment Carrier)
* POWER(Portable Watt-hr for Extended Range)
* SENSE(Soldier Enhanced Sensing Equipment)
* POEMS(Smart Power Manager)
* GEAR(Garment Engineered by Advanced Research)

この他映像には、次世代装甲戦闘車輌(NGAFV: Next Generation Armoured Fighting Vehicle)、TERREXファミリー歩兵戦闘車輌、イエーガー(Jaeger)無人陸上車輌をはじめとした各種無人ヴィークルが紹介されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop