NEWS

ソマリアの対テロ作戦で米海軍特殊部隊ST6隊員1名が戦死。「ブラックホークダウン」以来初めての米軍戦死者

海外軍事 Comments(0)
ソマリアの対テロ作戦で米海軍特殊部隊ST6隊員1名が戦死。「ブラックホークダウン」以来初めての米軍戦死者
U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist Seaman Apprentice Brian Read Castillo/Released
This photo is for illustration purposes only.
米国防総省は6日、ソマリアでおこなわれた対テロ作戦において、海軍特殊部隊SEAL隊員1名の戦死を発表した。

戦死が確認されたのは、カイル・ミリケン(Kyle Milliken)上級上等兵曹(SCPO: Senior Chief Petty Officer)(38歳)。ミリケン上級上等兵曹の戦死は、1993年に起き、後に映画化されたことでも知られる「ブラックホーク・ダウン(Black Hawk Down)」の一件以来、ソマリアにおける初めての米軍戦死者となる。
国防総省関係者によると、ミリケン上級上等兵曹らの部隊は4日(木)、首都モガディシュの西40マイル(=約64キロメートル)離れたバリ近郊において、スンニ派過激組織「アル・シャバーブ(Al-Shabaab)」討伐作戦参加の為に展開していたところ、敵の待ち伏せ攻撃に遭遇。星条旗新聞によると、米軍側はミリケン上級上等兵曹の戦死の他、2名のSEAL隊員が負傷したと伝えている。

ソマリアの対テロ作戦で米海軍特殊部隊ST6隊員1名が戦死。「ブラックホークダウン」以来初めての米軍戦死者
Senior Chief Special Warfare Operator Kyle Milliken, 38. US Navy Photo
海軍協会(USNI: United States Naval Institute)はその訃報の中で、「ミリケン上級上等兵曹は、東海岸を本拠地とする特殊作戦部隊に配属されていた」としている。また海軍特殊部隊のお膝元であるバージニア州の地元紙バージニアパイロット紙は、メイン州ファルマス出身のミリケン氏は、2002年に海軍に入隊しており、「2004年からはST6(SEAL Team 6, a.k.a. "DevGru")のメンバーとしてバージニアビーチに駐留していた」と報じている。またこの他にも、SEAL隊員として出征したイラク・アフガニスタンでは、4度のブロンズスターメダルの叙勲があったことも併せて紹介されている。

ここ数週間において、米国とソマリアはアル・シャバブに対する新たな取り組みを宣言しており、チームは東アフリカでの訓練とカウンターテロ作戦実行のために派遣されていた。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop