NEWS

「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難

海外軍事 Comments(0)

Photo from Accuracy International
This photo is for illustrative purposes only.
フロリダ州サラソータ郡でSWATメンバーの車輌から、スナイパーライフルとピストル、それに幾つかの特殊装備が盗まれる事件が発生した。

その後の調べで、当該車輌は『施錠されておらず』、一晩中に渡って誰でも車内に入ることできる状態にあったという。この失態を犯したブライアン・キーン(Brian Keane)刑事はSWATメンバーで18年のキャリアを持つ人物。容疑者は単独か複数かも分かっていない。
持ち出された火器は、①シグ・サワー(SIG Sauer)製9mmピストル「P226」と、②アキュラシー・インターナショナル(Accuracy International)製のボルトアクション・スナイパーライフル『AT308』。いずれもサラソータ郡シェリフの所有物であることが分かるマーキングが示されているという。

郡保安官事務所はスポークスマンを通じて、「キーン刑事は重大な失態を犯しており、非常に失望している」「残念なことにこのような有様となってしまい、我々がただちにおこなうべきことは第一に、行方が分からなくなったこれら火器を安全かつ早急に回収することだ」とコメントを残している。

Source: Weapons and SWAT equipment stolen from Sarasota County Sheriff Detective’s unlocked vehicle

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop