NEWS

欧州のテロ事件を背景に、スペイン警察の特殊部隊 GEO が「HK417」× 50 挺を新たに調達

海外軍事 Comments(0)

Photo: Grupo Especial de Operaciones / CNP
Image is for illustration purposes only.
スペインの軍事情報誌ディフェンサ (Defensa) などの国内報道によると、国家警察 (CNP: Cuerpo Nacional de Policía) 隷下の特殊部隊が最近、ドイツ・ヘッケラー&コッホ (Heckler & Koch) 社の開発した 7.62x51mm 弾を使用する自動小銃「HK417」を購入したことが示されている。

Capture screen: via Defensa
フランス・パリ、ベルギー・ブリュッセルと、欧州に猛威を振るったダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL) 関連のテロ事件が背景にあり、その対策として新たに調達を決めている。

今年 4 月の現地報道によると、調達数量は 50 挺とされ、内務省は一連の装備改善に関する取得予算として 155,855 ユーロ (=約 1,800 万円) を計上したことが示されている。

なお、購入が取り沙汰されているのは、特殊部隊「GEO (Grupo Especial de Operaciones) 」。人質救出やカウンターテロを主務とする GEO は、1977 年に召集され、その翌年に発足。公式サイトによると、ドイツの警察特殊部隊 GSG-9 をお手本としており、その主な武装は以下の通り。


Capture screen: via Grupo Especial de Operaciones


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始
様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催!
BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ
唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始 (2019-01-24 10:59)
 様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催! (2019-01-24 10:44)
 BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ (2019-01-21 19:03)
 唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム (2019-01-18 12:40)
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop