住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願

国内軍事関連 Comments(8)
住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願
1丁の銃のごく少数の部品を入れ替えることで、様々な口径の弾薬に対応できる「マルチキャリバー」方式の銃器は各国・各メーカーで様々なものが作られている。自衛隊で採用間近となった新小銃採用においても口径やアクセサリーの変更によるモジュラー化が重視されていると噂されるが、そんな中日本の住友重工がマルチキャリバー方式の軽機関銃のシステムに関して、特許を出願していることが明らかになった。
この特許は2018年3月26日に「機関銃」として出願されたもの。「複数口径の弾薬に対応する機関銃を提供する」として、マルチキャリバー方式の基礎的な概念について特許が請求されている。
住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願

14番の銃身、16番のベルトリンクから弾薬を供給する「遊底覆い部」、24番のボルトキャリア部分の一部のみを交換することで、後の部品は共通のまま弾薬の口径を変更可能なものとできることが述べられている。
住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願

特許文書では「従来と比べて、口径ごとに専用化された部品は少数となり、操作方法や整備手順など射手が習得に要する負担は軽減され、また部品管理もしやすくなる」とメリットが説明されている。

訓練用にペイント弾や安価な22口径の弾薬が使用できるようになるコンバージョンキットは古くからあるが、SIGのMCXシリーズやFNのSCARシリーズなど、カービンの分野ではかなりポピュラーになってきたマルチキャリバー方式。日本の銃火器製造技術は諸外国と比べて遅れていると言われながらも、トレンドに追随しようとしている動きはこうして随所に見え隠れしている。

参考:
FNハースタル PDWサイズのマルチキャリバー自動小銃「SCAR SC」を発表 - ミリブロNews

Source: 特開2019-168193

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201910
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動
自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む
自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新
『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加
田村装備開発の大阪出張「Protection& Intelligence」取材レポート
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動 (2019-10-30 17:41)
 自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む (2019-09-03 15:42)
 自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新 (2019-08-28 17:51)
 『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加 (2019-02-19 12:12)
 田村装備開発の大阪出張「Protection& Intelligence」取材レポート (2018-12-07 19:19)
この記事へのコメント
レシバーを変更しないマルチキャリバー機関銃に成功した前例はあまりないな。イスラエルのIMI ネゲヴ 7.62mm仕様さえ反動を受けるレシバー後部は完全に5.56MM仕様と別物だ。反動を受ける部分の強度が足りないとダメ、しかし7.62mmを基準にしてレシバーを作ると重量は増える。海外のマルチキャリバー機関銃は基本的に操作性が似てるだけで重要な部品はほぼ別物だ。
Posted by 名無しの元アーミーガンナー | at 2019年11月11日 08:43
詐欺じゃんこれ。マルチキャリバーってのは今更有りがちなコンセプトで、こんな’車輪の再発明’みたいなことを出せる住友の根性とそれを認める役所、どちらも神経を疑うな。
Posted by 中の人 | at 2019年11月08日 15:55
MG5に似ている。新MGコンペにHK社と共同で提案・・・まさかね?
Posted by ねこまる | at 2019年11月04日 09:43
安く、良い性能のものをたのむよ。韓国企業じゃないんだから。
Posted by 名無し | at 2019年11月03日 13:17
住友重工さん。
要求スペック偽造して、どうせ使わないだろなんて言っていた物を造るなんてもの好きですね。
Posted by 名無し | at 2019年10月28日 02:20
念入りに試験してないと、弾薬が変わったら、不都合続出だろうな。
Posted by 名無し | at 2019年10月27日 19:28
日本のメーカーでも最近の世界のマルチキャリバー仕様に対応した設計をしているとは。
今までの旧態然とした武器から早く現場にこういった銃器が配備されるように…。
Posted by 通りすがり | at 2019年10月27日 14:27
令和元年度調達予定品目、武器調達官の一覧の中にひとつだけ
機関銃(試験用、Ⅳ型)の記載がある。
MG5も調達されているが、それは輸入調達課の方に記載がある。
まさか住友のこいつがコンペに出てるのか?
Posted by 名無しの空軍中尉 | at 2019年10月25日 13:17
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop