NEWS

TNVC 社が元 MARSOC/フォース・リーコン隊員のバック・ドイル氏を起用した PV を公開

海外軍事 Comments(0)
TNVC 社が、元フォース・リーコン隊員のバック・ドイル(Buck Doyle)氏をフィーチャーした PV『TNVC Nightfighter Ep 2 Buck Doyle HD 』を、Youtube の TNVCINC チャンネルで公開した。同PVは「TNVC Nightfighter」シリーズの第二弾となり、元エリートオペレーターたちの経験を通してナイトビジョンシステムを紹介する趣向となっている。

Photo from Follow Through Consulting、LLC
ドイル氏は米海兵隊に 21 年以上在籍し、そのうちの 17 年間はフォース・リーコン(1st Reconnaissance Battalion / 1st Force Reconnaissance Company)や MARSOC 隷下のユニット隊員として様々な特殊作戦に参加した。また、特別任務訓練所(SMTB:Special Missions Training Branch)のチーフ・インストラクターを務めた。2007年の任務中に隊が敵スナイパーから襲撃を受け、身を挺して仲間を退避させた際、手足に銃弾を受け重傷を負った。数回の手術とリハビリのため約二年間の病院生活となったが、退院後に再び戦地へ赴いている。最終階級は曹長であった。V デバイス付きブロンズスターメダルなど複数の勲章を受勲している。

除隊後は、それまでの豊富な経験を活かし、アフガニスタンの戦闘部隊を支援する共同遠征チーム(JET:Joint Expeditionary Team)のメンバーとして米国防総省と4年間の契約を結び活動に従事した。2010 年に Follow Through Consulting、LLC を設立し、軍隊 / 法執行機関 / 民間向けの銃器トレーニングを行っており、TNVC 社との提携でトレーニング・プログラム内にナイトビジョンを用いたコースも設けられている。銃器トレーニングの他に、軍事及び民間向けの製品開発や軍事関連のコンサルテーションを提供している。

参考動画:MI-T556 Life

また、所属の異なる 9 名の米軍兵の戦地エピソードを綴ったマーク・リー・グリーンブラッド(Mark Lee Greenblatt)の著書“Valor:Unsung Heroes of Iraq、Afghanistan、Home Front”に取り上げられたひとりであり、アメリカの有料テレビ番組:アウトドアチャンネルで 2015 年に放送された 第 207 話「Iraqi Sniper Attack」でエピソードの対象となっている。執筆活動を精力的に行っており、RECOIL、Combat Tactics、Shooting Illustrated、など数多くの雑誌に寄稿している。

尚、「TNVC Nightfighter」シリーズの1作目は、元デルタフォース隊員のタイラー・グレイ (Tyler Grey) 氏をフィーチャーしている。

TNVC NightFIGHTER Episode 1 : Tyler Grey

Text: 弓削島一樹 - FM201701

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop