NEWS

全レイダースを東海岸に移動させるアメリカ海兵隊

海外軍事 Comments(1)
All-of-Its-Raiders-001
Photo by Sgt. Jonathon Wiederhold

アメリカ海兵隊が東海岸のノースカロライナ州キャンプ・レジューンに特殊作戦コマンド(Marine Special Operation Command…MARSOC)を創設して15年になる。

近年、MARSOCは世界的なテロとの戦いの主要な役割を担っており、とくにアフガン・イラクでは、戦闘だけでなく現地の軍隊の教育/錬成も行っており、あちこちに派遣され、その土地に根付く暇もなく、次の戦場へ飛ばされる、まさに「休む暇もない」のである。

またキャンプ・レジューンは、MARSOCだけではなくさまざまな海兵隊部隊の拠点でもあり、MARSOCの仕事が増えるほど、その負担が増大している状態である。

その解決策として、海兵隊が計画しているのが、すべてのMARSOCを東海岸のカリフォルニア州にあるキャンプ・ペンドルトンへ移して再編成をすることであり、年間で5500万ドルを削減できると同時に、1日あたり2000名が稼働状態になると見込んでいる。

その第1弾として、900名の兵士と軍属で構成される第1海兵レイダーズ大隊とその付属部隊が2022年末までに移動する予定である。

MARSOC司令官ダニエル・ヨー(Daniel Yoo)将軍によると、「この再編成により、MARSOCは国家防衛戦略の中核となり、実行力のある部隊として、国家にとって即応性のある部隊に生まれ変わることができる」という。

キャンプ・ルジューンに兵士と装備を移動させる計画は、従来の人事異動のサイクル内で行われるため、MARSOCの能力に全く影響を与えない。本格的な移動は、2021年の夏より開始される。

Source: The Marine Corps Is Moving All of Its Raiders to the East Coast

Text: 友清仁 - FM202002

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ国防総省と陸軍がM134ミニガン用保守部品に関する情報提供の告知
なぜ特殊部隊員たちはチームを去ってしまうのか……モチベーションの維持に悩む米軍
イスラエル軍の兵士がキノコ型ヘルメットカバー「ミツネフェット」をかぶる理由
コンゴ動乱で活躍した伝説的傭兵部隊の創設者、マイク・ホアー氏が100歳で死去
知られざる米特殊部隊の予備役
米海軍と海上自衛隊の兵站相互運用スタート
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ国防総省と陸軍がM134ミニガン用保守部品に関する情報提供の告知 (2020-02-21 17:34)
 なぜ特殊部隊員たちはチームを去ってしまうのか……モチベーションの維持に悩む米軍 (2020-02-20 21:55)
 イスラエル軍の兵士がキノコ型ヘルメットカバー「ミツネフェット」をかぶる理由 (2020-02-19 19:29)
 コンゴ動乱で活躍した伝説的傭兵部隊の創設者、マイク・ホアー氏が100歳で死去 (2020-02-18 18:19)
 知られざる米特殊部隊の予備役 (2020-02-17 11:19)
 米海軍と海上自衛隊の兵站相互運用スタート (2020-02-16 09:55)
この記事へのコメント
この記事、ところどころ間違っていませんか?
「アメリカ海兵隊が西海岸のノースカロライナ州キャンプ・レジューン」
ノースカロライナは東海岸です。


第4段落は正しくは、
「その解決策として、海兵隊が計画しているのが、すべてのMARSOCをカリフォルニア州にあるキャンプ・ペンドルトンから東海岸にあるキャンプ・レジューンへ移して再編成をすることであり、」
Posted by HK | at 2020年02月14日 14:09
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop