NEWS

海軍特殊部隊員の議会名誉勲章受勲を記念してシグ社が記念モデルのMk.25拳銃を贈呈

海外軍事 Comments(0)
海軍特殊部隊員の議会名誉勲章受勲を記念してシグ社が記念モデルのMk.25拳銃を贈呈
Photo from Sig Sauer
アメリカ軍の軍人にとって議会名誉勲章(Medal of Honor……MoH)の受勲は最高の名誉である。3月25日は議会名誉勲章記念日だが、この日、海軍特殊部隊ネイビー・シールズ隊員の受勲を記念して、シグ社が同社のMk.25拳銃(P226の米軍型式名)を贈呈した。
ブリット・スラビンスキ(Britt K. Slabinski)最先任上等兵曹は2002年3月、アフガニスタンの標高3000メートル級の山岳地帯で、峡谷を進軍する味方に先行する偵察部隊の一員であった。山頂付近でヘリを降りたその直後、そのヘリが敵の小火器によって攻撃を受け墜落。このとき、特殊部隊の1人が峡谷に投げ出された。

海軍特殊部隊員の議会名誉勲章受勲を記念してシグ社が記念モデルのMk.25拳銃を贈呈
Photo from U.S. Navy
スラビンスキ最先任上等兵曹は仲間を救出すべく残った数人とともに谷を降り、三方から攻撃を受けながらも敵の塹壕を突破して仲間を救出、増援が来る十数時間の間を耐えぬいた。

2018年5月24日、アメリカ海軍が議会名誉勲章受勲を記念して公開した動画。スラビンスキ最先任上等兵曹自らその時の様子を語っている。
SEAL Master Chief Recounts Battle That Earned Him Medal of Honor - YouTube

贈呈されたモデルはスライドが贈呈品らしいポリッシュ仕上げ、フレームが軍用の荒々しさを表現した通常の仕上げとなる。各所のエングレービングは24kの仕上げ。スライド右側には感状の1行目である「For Service As Set Forth(下記の功績に対して)」左側には世界貿易センタービルの慰霊碑にある「No Day Shall Erase You from the Memory of Time(時が流れてもあなたのことを忘れない)」という一文が彫り込まれる。
海軍特殊部隊員の議会名誉勲章受勲を記念してシグ社が記念モデルのMk.25拳銃を贈呈
Photo from Sig Sauer

スライド上部には、世界貿易センタービルの残骸の一部が埋め込まれ、議会名誉勲章のモチーフが描かれる。
海軍特殊部隊員の議会名誉勲章受勲を記念してシグ社が記念モデルのMk.25拳銃を贈呈
Photo from Sig Sauer

また、贈呈に合わせてシグ社はスラビンスキ最先任上等兵曹のショート・ドキュメンタリーも制作、YouTubeチャンネルで公開している。

For Service As Set Forth: The Story of CMC Britt Slabinski, Congressional Medal of Honor Recipient - YouTube

Source: Medal of Honor Recipient Awarded with Commemorative MK25 Pistol and Documentary | Sig Sauer

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201904
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に
米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
 米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に (2019-06-07 19:45)
 米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け (2019-06-07 13:31)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop