NEWS

米・NATOの特殊部隊員が不正規戦を想定した「リッジ・ランナー演習2017」に参加

海外軍事 Comments(0)

U.S. Army photo by Pfc. Christopher Stevenson
米欧州特殊作戦司令部 (SOCEUR: Special Operations Command Europe) が、「リッジ・ランナー演習(Exercise Ridge Runner 2017)」の様子を収めた写真20点からなるギャラリーを、公式フリッカー上で公開した。
リッジ・ランナー演習は、ウェストバージニア州の州兵をホストとして、不正規戦(unconventional warfare)を想定した軍事訓練であり、米軍とNATOの特殊部隊が参加している。

公開されたギャラリーは、リッジ・ランナー演習の中でおこなわれた、ゲリラやテロリストなどの反乱勢力を鎮圧する作戦の様子を収めたものとなっている。


U.S. Army photo by Sgt. Connor Mendez


U.S. Army photo by Sgt. 1st Class Jeff Smith



U.S. Army photo by Sgt. Connor Mendez
写真には、四眼ゴーグル「GPNVG-18(Ground Panoramic Night Vision Goggles)」にIdZショルダーレスト付きG36を携えたリトアニア軍特殊部隊と、米陸軍第10特殊部隊グループ(10th SFG)隊員の姿が確認できる。

NATO側からは、バルト三国の残り、エストニア、ラトビアからも特殊部隊員が派遣されている。

Source: Exercise Ridge Runner 2017 - SOCEUR PAO

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop