NEWS

1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S. Army Corps of Engineers, Engineer Research and Development Center
兵舎や塹壕、障壁など軍事行動には多くの建造物が必要になるが、労働力の確保や建材の輸送は平時よりもはるかに大きなコストがかかる。しかし、ここ数年認知度の上がった「3Dプリンタ」が、解決のカギとなるかもしれない。
ミシシッピ州に拠点を置くアメリカ陸軍工学研究開発センター内の、建築工学研究所(CERL)が開発した自動Expedieionary Structures構築システム(ACES)は、標準的な16×32フィート(約4.8×9.8m)の兵舎に相当する建築物を1日で出力することができる。既存の類似技術と比べ、より大粒、3/8インチ(約9.5mm)までの土砂を骨材として使用することができる点が特徴である。

現地の土を建材として使用するため、木材や土嚢袋、ヘスコウォールといった材料を別途輸送せずともよく、システム自体もコンパクトなためロジスティクスに負担をかけない。またオペレーターもほとんど必要なく、マンパワーを実に62%削減できるという。

こちらは2017年に公開された時の様子。
DVIDS - Video - 3-D printing a building - ACES

DVIDS - Video - USACE R&D BUILDING STRONG® with 3-D printer - ACES

Source: DVIDS - News - 3-D printing a building

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201806
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop