NEWS

M4A1自動小銃暴発事件を受けて米陸軍の不発時ドリルが変更 全個体の機能チェックも実施へ

海外軍事 Comments(0)

Photo by Sgt. Steven Galimore
This photo is for illustrative purposes only.
2018年3月後半に、ケンタッキー州フォート・ノックス基地で発生したM4A1の暴発事件を受け、米軍TACOMがM4A1の機能チェックを行い、さらに不発時のドリルに変更を加えるよう通達した。
暴発は以下のようにして発生した。まず当該のM4A1自動小銃を射撃する際、セレクターがセミとオートの間で止まったままトリガーを引いたところ、撃発しなかった。そのためセレクターをオートに向かって動かしたところトリガーに触れていないのに暴発した。

セレクターが正規の位置に無い時には撃発されることはない。事故を起こしたM4A1はPIP(Product Improvement Program)を通じてM4からコンバートされたもので、当初はPIPでの作業ミスが原因と思われていたが、その後、M16A4等、その他のM16シリーズでも注意喚起が行われておりトリガー、セレクターまわりの経年劣化も考えられる。

現在陸軍TACOMとARDEC、PMSWが共同して調査にあたっており、すべてのM4A1自動小銃において、事故時と同等の状況で銃のテストを行い不具合があれば報告するよう通達が出された。

また、不発の際は、各動作の頭文字を取って「SPORTS」と略される手順で故障排除を行っていたが、これに1ステップを加え「C-SPORTS」となるよう改められた。

詳しい手順は以下の通り。「Tap-Rack-Bang」動作に、セレクター位置のチェックが入った形となる。
1. セレクターが正規の位置にあるか確認(Confirm)する
2. 弾倉を下から叩き(Slap)確実に装着する
3. チャージングハンドルを引き切り(Pull)止める。
4. 弾薬または空薬莢が排除され、薬室が空であるかどうかを視認(Observe)する
5. チャージングハンドルを解放(Release)し、薬室に弾薬を送り込む
6. フォワードアシストノブを叩き(Tap)確実に閉鎖する
7. トリガーを絞り(Squeeze)発射されるかどうかを確認する
Source: Army updates automatic rifle procedures after soldier films misfiring M4A1 - News - Stripes

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201806
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop