NEWS

米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中

海外軍事 Comments(0)

Air Force photo by Tech. Sgt. Gregory Brook
This photo is for illustrative purposes only.
米陸軍の研究チームが、夜間などの低照明下において、サーマル画像から人物の特定に繋げることを目的とした人工知能と機械学習技術の開発に取り組んでいる。
前方監視型赤外線(FLIR: Forward Looking Infra-Red)式センサーは、監視用途のため各種ヴィークルで搭載されてきた。また最近では、隊員が装着できるレベルに小型化された高性能なサーマルカメラの普及も進んでいる。
こうしたサーマルカメラは、戦闘時におけるアドバンテージだけでなく、特殊部隊などが秘匿裏におこなう対テロ作戦において、夜間の潜入先でお尋ね者となっている高価値容疑者(HVT: High Value Target)などの捜索任務の中で誰何(すいか)する際にも役立つとされる。


Courtesy Eric Proctor, William Parks and Benjamin S. Riggan
撮影時にフラッシュ光が無い状況下においては、従来のカメラでは顔画像から人物特定へ至るに不十分だった。しかし一方のサーマルカメラでは、顔表面の皮膚組織から自然に発せられている「熱(体温)」を捕捉し画像化しているため、これまで集積してきた容疑者の顔情報との照合が可能とみられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop