NEWS

米陸軍がスナイパーライフル『M110 SASS』×2,000挺・5ヶ年契約に向けた供給事業者を模索

海外軍事 Comments(0)
米陸軍がスナイパーライフル『M110 SASS』×2,000挺・5ヶ年契約に向けた供給事業者を模索
Photo by Justin Connaher
米陸軍が、『M110 SASS(Semi-Automatic Sniper System)』の供給事業者を求めた情報提供(RFI)を呼び掛けている。

関連記事:
ナイツ社(KAC)が米陸軍『M110』スナイパーライフルの契約を総額18億円超で獲得。2024年末に完納予定
米陸軍がスナイパーライフル『M110 SASS』×2,000挺・5ヶ年契約に向けた供給事業者を模索
Photo by Thomas Alvarez
M110 SASSは、800メートル先の対人狙撃において、精確且つ迅速な射撃能力を提供するもので、MIL-STD 1913 レイルシステム、バックアップ用アイアンサイト(BUIS)、調節機能付き銃床、バイポッド、10発装填の弾倉×4個、20発装填の弾倉×4個、スリング、リューポルド(Leupold)製3.5-10xスコープ、MIL-PRF-32316準拠のサプレッサーを備えている。

呼び掛けの対象には「全ての事業者」と「新規の事業者」に分かれており、この内の全ての事業者の項目では、『推定契約期間を5ヶ年とし、総数を約2,000挺』としている。

また陸軍は、『今回のM110 SASSに向けた情報提供依頼を、CSASSの要件と混同しないで欲しい』と付記している。

応札事業者においては、2019年6月28日までに8ページのほどの資料と併せてEメールでの提出が求められている。

Source: M110 - Solicitation Number: W15QKN19R06K7

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop