NEWS

米陸軍が精密狙撃銃(PSR)用の『スマートスコープ』取得を模索

海外軍事 Comments(0)

Photo Credit: U.S. Army
This photo is for illustrative purposes only.
米陸軍が「精密狙撃銃(PSR: Precision Sniper Rifle)」用の『スマートスコープ(SS: Smart Scope)』取得を求めた情報提供を国内の産業界に対して呼び掛けている。
このスコープは倍率に合せてレティクルの大きさが変わる「ファーストフォーカル(FFP: First Focal Plane)」式の直視型であり、3-6xの低倍率から23-40x最高倍率までの連続ズームを備え、ワイヤレスでデータ転送がおこなえ、飛翔時の風の状況、下降風の検知、統合大気センサー、銃器の方位を示すセンサー、更には目標捕捉機能を備えリアルタイムの弾道照準ソリューションがスコープの視野内に表示されるなどの機能が盛り込まれている。

試作モデルは、射撃時の反動に耐えられる設計であり全長は16.5インチ(=約41.9センチメートル)以下。マウント用の部品や電源となるバッテリーを含めて4ポンド(=約1.8キログラム)以下であり、動作できる状態のものを12ヶ月以内に納品するよう求められている。

こうした陸軍の呼び掛けに応えることができれば、次のステップでは生産購入オプション付きとなる「試作機会通知(PON: Prototype Opportunity Notice)」が言い渡される予定となっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop