NEWS

米陸軍が議会にCH-47チヌークの新規購入・改修計画を5年間凍結するプランを説明

海外軍事 Comments(0)
米陸軍が議会にCH-47チヌークの新規購入・改修計画を5年間凍結するプランを説明
Photo from U.S. Air Forces Central Command Public Affairs
This photo is for illustrative purposes only.
「テロとの戦い」のフェーズが終わり次世代の戦争に向けリソース配分が変化しつつあるアメリカの軍事予算。陸軍は次の5年間で300億ドルの予算を近代化研究に費やすべく、様々なプロジェクトの見直しを行ってきた。そのうちの一つであるCH-47チヌークの新規購入・改修計画の凍結について、先日議会で質疑応答が行われた。

参考:プログラマブルグレネードランチャー「XM-25」計画をアメリカ陸軍が中止 - ミリブロNews
陸軍長官マーク・エスパー氏は下院歳出委員会の防衛小委員会で、陸軍が186のプロジェクトを凍結予定であると報告した。小委員長のインディアナ州下院議員、ピート・ヴィスクロスキー氏はこれに対し評価するも、CH-47の新規購入・改修の凍結について「反対する人が多数存在する」と疑問を提示。ブロック2改修計画を5年凍結した理由と、凍結による影響についての説明を求めた。

これに対しエスパー氏は次世代の輸送ヘリ・攻撃ヘリ開発を行うFVL(次世代型垂直離着陸機)プログラムを優先するためと説明。ロシア等、同等勢力の軍の防空システムを突破する能力を持たなければならないと強調。また、現在のCH-47自体は退役させず2030年、2040年代まで使用を続けるとした。

参考:ロッキード・マーチンが次世代型軍用ヘリ「SB>1デファイアント」のCGアニメーションを公開 - ミリブロNews

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201904
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop